古着転売で稼ごうとしている人の中には、「レディース古着転売を始めたいけれど何からやればいいのか分からない……」「メンズせどりで上手く利益を出せていない」といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そのような人におすすめなのが、ライバルの少ないレディース古着転売です。

僕はレディース古着転売を始めてから、月利10万→30万→50万→100万と、トントン拍子で利益を伸ばしていくことができました。

この記事では、レディースの古着転売のノウハウと仕入れのポイントを詳しく解説していきます。

レディース古着転売のメリットとデメリット

レディース古着転売は市場規模が大きい割にライバルが少ないブルーオーシャンです。

古着転売をしている大半は男性であり、レディース商品を仕入れるのに抵抗があったり、家でレディース商品を保管しておくのが嫌だったりと、心理的なハードルが高いため、参入者が少ないのです。

メルカリが発表しているカテゴリーシェア数からみても分かるように、メンズが16%なのに対してレディースは21%となっており、人気のカテゴリーです。

また、市場規模が大きく、仕入れられる商品の数が多いのもレディースの古着転売のメリットです。

レディースの古着転売はメリットが大きく、ポテンシャルの高いジャンルなので、心理的なハードルを乗り越えてチャレンジしてみましょう。

しかし、レディースの商品を取り扱うのには、デメリットもあります。

レディース商品はメンズ商品よりもブランドの数が圧倒的に多いのが特徴ですが、古着転売の初心者にとっては悩みの種になりかねません。

初心者の人が一度にたくさんのブランドを覚えようとしてしまうと、情報量が多すぎて1つのブランドに対しての知識が浅くなり、上手く利益を出せなくなってしまいます。

市場に出回っている商品数や種類が極端に少ないものでなければ、ほとんどのブランドは、しっかりとリサーチをすれば稼げるようになります。

最初の頃は、市場に出回っている種類や数が多いブランドの中から、覚えるブランド数を10個ほどに絞って、完璧になるまで商品知識を蓄えるようにしましょう。

また、相場をリサーチする際はブランド×商品の名称・型番で検索して把握する人がほとんどかと思いますが、レディース商品の相場を把握する場合は、商品のデザインやシルエットなどの要素を総合的に判断する必要があります。

一見同じようなブランドの同じような商品であったとしても、デザインやシルエットが異なるだけで金額に大きく差が出ることが多いのです。

売れるレディース古着アイテムの特徴

上述の通り、レディースの古着転売に関しては、ブランドだけでなく、デザインやシルエットで売値が大きく変わるのが特徴です。

売値を左右させる要因は「丈」「シルエット」「サイズ」です。

1.ロング丈の商品


ロング丈の商品は、ショート丈の商品よりも売値が高くなる傾向になります。

使われている布の量が売値に影響しているのはもちろんですが、最近のトレンドはロング丈の商品であり、売値が高いだけでなく回転も早いのが特徴です。

画像のように、同じブランドの同じようなデザインの商品でも、丈が変わるだけで10,000円近く売値が変わります。

ショート丈の商品をロング丈の商品の相場で仕入れて赤字を出したり、ロング丈の商品をショート丈の相場で出品して利益が少なくなったりすることもあるので、仕入れの際は丈の長さに注意するようにしましょう。

2.シルエットの良い商品

女性は男性よりも体型に気を遣う人が多いため、商品のシルエットによっても商品の相場が変わります。

シルエットとは、服を着たときの外枠・輪郭のことをいい、「〇〇ライン」といった呼び方をします。

ハイブランドの商品であったとしても、シルエットが良くない商品は5,000円以下で取り扱われることもありますし、逆に安価なブランドの商品でもシルエットが良い商品であれば高値で売れることもあるのです。

ブランドによって人気のシルエットがあるため、一概には言えませんが、「Aライン」シルエットのアイテムは、高値で売れます。

「Aラインシルエット」とは、アルファベットのAのように上部から下部にかけて広がるシルエットのことです。

コンプレックスを感じやすいウエスト部分がすっきりと見え、清楚な雰囲気になるので、どのブランドでも人気で高値の傾向があります。

実際にメルカリに出品されている商品で比較してみましょう。

同じブランドの同じような色合いのワンピースであっても、デザインが異なるだけで売値が約2倍になっています。

特にワンピースに関しては シルエットによって売値が大きく変わるので、仕入れの際は必ずシルエットをチェックするようにしましょう。

3.サイズの大きい商品

サイズも売値に大きく影響を与える要素の1つです。

先述の通り、レディースの場合は体型に気を遣う人が多いので、XSサイズとXLサイズで売値が5,000円以上差がでるほど、メンズよりも売値に大きく影響があるのです。

サイズに関してはブランドに左右されることはなく、大きいサイズ(Lサイズ以上)が売れやすく、小さいサイズ(Sサイズ以下)が売れにくい傾向にあります。

大きいサイズは、高身長の人が購入するのはもちろん、体型を気にしている人が体型カバーのためにオーバーサイズの商品を購入することも多いのですが、生産量が少ないので需要が高くなるのです。

また、レディースの商品はサイズ表記がS、M、Lではなく、「〇号」という表記になっていることがあります。

(7号→Sサイズ 9号→Mサイズ 11号→Lサイズ 13号→XLサイズ)

レディースの商品を仕入れる際は必須の知識なので覚えておきましょう。
サイズごとの相場を把握した上で仕入れ値を決めれば、仕入れで失敗することは少なくなります。

相場を判断するときは、ブランドだけを見るのではなく、「デザイン」「色」「シルエット」「サイズ」など細かいところを見るようにしましょう。

仕入れ時の注意点

レディースのアイテムを仕入れる際は、「状態の悪い商品は基本的に仕入れない」ということを頭にいれておく必要があります。

当たり前と感じるかもしれませんが、レディースのアイテムを仕入れるときは、メンズよりもシビアに見ておきましょう。

レディースの場合、汚れや傷のあるものを仕入れると、回転率が非常に悪くなり、売値も大幅に落ちてしまうのです。

汚れのある商品の相場を判断するのは難しいので、初心者の人はスルーすることをおすすめします。

「汚れのあるものは仕入れない」というのが基本的な考え方ですが、例外もあります。

「CHANEL」、「LOUIS VUITTON」、「LEONARD」などブランド価値が非常に高いものに関しては、汚れやダメージがあっても売れる傾向にあります。

「このクラスのブランドでこの金額は安すぎる」と感じたら、汚れがあってもリサーチするのがおすすめです。

また、汚れの種類によっては、自分でリペアして出品できる商品もあります。

初心者のうちから無理に取り組む必要はありませんが、 簡単なリペアを覚えておくだけでも仕入れの幅が広がるので、頭の片隅に入れておきましょう。

ただ、最初からリサーチもリペアも覚えるのは大変な作業なので、まずは相場のリサーチの徹底を優先することが大切です。

レディース商品の出品方法

レディース古着転売において最も大切なのは出品時の写真撮影です。

写真撮影を疎かにすると、本来売れるはずの商品が全く売れなくなってしまいます。
逆に、魅力的な写真を撮って出品すれば、売りにくい商品も高値で売ることができるのです。

写真1つで良くも悪くも売上が大幅に変化するので、時間をかけても丁寧に撮影するようにしましょう。

商品の写真撮影で意識するべきポイントは「シルエット」「清潔感」です。

シルエットは商品の仕入れだけでなく写真撮影でも大切な要素であり、着用したときの見え方が分かりやすい写真にすることが大切です。

また、背景は白にすると清潔感がアップします。

シルエットを分かりやすく見せるための撮影方法は次の2つです。

1.トルソー撮影

初心者の人でも簡単に再現性の高い写真を撮ることができるのがトルソー撮影です。

シルエットを分かりやすく立体的に見せることができるので、着用したときのイメージが湧きやすくなります。

トルソー撮影のコツは3つあります。

商品をトルソーに左右対称になるように着せる

商品が片方によれていたり、シワがになったりしないように着せましょう。

また、撮影時は商品にアイロンをかけて、シワを伸ばしておくことが大切です。

メインライトとバックライトを使う

商品に対してのライトと背景に対してのライトを使い分けましょう。

メインライトだけではトルソーの前面しか照らせないので、商品がはっきり写らず、背景も暗くなってしまいます。

バックライトを使用することでトルソーが立体的に写るので、見やすい写真を撮ることができます。

斜めから撮影する

真正面ではなく斜め前から撮影することで、より立体感のある写真になります。

トルソー撮影は元々立体感を出せる撮影方法ですが、斜め前から撮ることによってトルソーの良さを引き出すことができるのです。

2.平置き撮影

平置き撮影はトルソー撮影よりも少々難易度が上がりますが、インパクトのある写真を撮ることができます。

トルソー撮影のような立体感は出ないものの、Aラインやフレアの商品のシルエットを綺麗に写すことが可能です。

平置き撮影で白い背景がないときは、白いラグカーペットを使いましょう。

平置き撮影のコツは以下の3つです。

光の方向を統一する

影の方向がバラバラになると、メルカリの販売ページで統一感が無くなってしまうので、照明を当てる方向は固定しておきましょう。

人の目は左から右に流れる習性があるため、照明の方向は左上から右下にすることをおすすめします。

シワ感を出して膨らみを持たせる

実際に着用したときのイメージや服の生地感を効果的に伝えるため、平置きで撮影するときも服に膨らみをもたせることが大切です。

服を着たときのシワは縦にできるので、膨らみをつくるときのシワの流れは横ではなく縦にしましょう。

服の中にフェルトや少し厚めの布を仕込ませて膨らませるのもおすすめです。

小物と一緒に撮影する

小物と一緒に撮影することで、コーディネートのイメージが湧きやすくなります。

シューズやバッグなど、相性の良いアイテムを揃えるのが良いでしょう。

小物と撮影するときは、アイテムの系統を統一させることが大切です。

「綺麗め」「フォーマル」など、事前にテーマを決めて撮影しましょう。

まとめ

レディースの古着転売は、他のジャンルと比べると細かい部分を見ることも多く、「大変そうだな……」と感じる人もいるかもしれませんが、一度覚えてしまえば大きく稼ぐことができるジャンルでもあります。

もし仕入れに失敗したときは、何が原因で失敗したのかをしっかり把握した上で改善し、再度仕入れに挑戦してみましょう。

自分が上手くいっていない部分を把握して改善することを繰り返していけば、すぐに10万円ほどの利益を出すことができます。

レディースの古着転売はまだライバルの少ないブルーオーシャンであり、仕入れられる商品数が多いので、ぜひチャレンジしてみましょう。

Twitterの引用RTで感想くれた限定で
これからの季節(春と夏)で無双できる
レディースオススメブランド10選
DMでお伝えいたします!

https://twitter.com/share?url=online-buppan.com/2022/09/21/ladies_resale/

※DMの開放だけよろしくお願いいたします。

また、僕の公式LINEでは、特典として電脳セラーの仕入れ値と販売額を丸裸にした「電脳利益商品リスト100選」や、仕入れるときのポイントをまとめた「電脳実売データ解説動画」、売上を3倍にするメルカリ販売テクニックをまとめた10,000字超えのnoteをプレゼントしています。

下の画像をクリック👇

特典の内容も頻繁に変えているので、コンテンツを受け取りたい人は公式LINEへの登録をお願いします。

おすすめの記事