ブランドの知識を身に付ければ稼げるようになるの?」
「仕入れている商品の利益率はどのくらいに設定すればいい?」
「薄利な商品は仕入れない方がいいの?」

古着転売の仕入れの部分はつまずく人も多く、様々な疑問があるでしょう。

とはいえ、仕入れに対する根本的な考え方は古着転売をやるにあたって1番と言っていいほど大事な部分です。

具体的なリサーチノウハウや仕入れのコツなどを学ぶことは大切ですが、枝葉の知識だけを覚えても根本的な部分を理解していなければ、その知識を活かすことはできません。

「利益率50%を切る商品は仕入れない」、「仕入れ資金に余裕があるのに1000円以下の商品しか仕入れない」など、間違った考えを持ったままでいると、いつまでも非効率な稼ぎ方になってしまいます。

今回は、古着転売で月利100万円以上稼ぐ僕が、仕入れに関するよくある質問にお答えします!

最後まで読んで仕入れに対する考え方を変えれば、初心者の方は最速で何十万単位の利益を出せますよ。

また、月10万円ぐらいで頭打ちしている人であれば、月に30万円以上に伸ばすポテンシャルがあります。

さっそく見て行きましょう!

マニアックな知識より利益の取れる商品の特徴を覚えることが大切!

ハンガーにかかった服

まずは、「洋服の知識やマニアックな知識は覚えると仕入れられるようになりますか?」という質問です。

結論

洋服の知識やマニアックな知識は覚える必要はありません!

ブランドの背景や豆知識などを詰め込んでいる人がいたら即やめましょう。

趣味であったり、古着の知識を深めて楽しみたいと考えているのであれば、とても素敵なことです。

しかし、古着転売で売上を伸ばす手段としてはかなり微妙です。

その時間を、利益の取れる商品の特徴を覚えるために使ったり、リサーチする時間に使ったりする方が断然おすすめです。

学生時代を思い出すと、「ノートがとてもきれいなのにテストの点数が悪い」みたいな人いませんでしたか?

それは、ノートをきれいにまとめることが目的になってしまっているからなんです。

本来は、テストでいい点をとることが目的ですよね。

ノートをきれいにとることはあくまでも手段なかずなのに、それがごっちゃになっていると思うような結果は出せません。

目的を明確にし、ゴールから逆算しよう

【みなさんが古着転売をやっている目的は何ですか?】

おそらく多くの利益を出すことですよね。

冷たい言い方になってしまいますが、その場合は洋服の知識などを覚えても利益に直結しにくいので今すぐやめてください。

これは何にでも言えることですが、ゴールから逆算して考えることが大切です。

明確にゴール設定を決めて逆算すると、無駄を省いて最短で結果を出せますよ。

仕入れ金額は利益額で設定しよう

お金と電卓

仕入れ金額はどのくらいに設定していますか?」という質問です。

結論

仕入れの金額は、仕入れの金額に対する利益額で設定しましょう。

例えば、

  • 1万円以下の仕入れなら、利益額が3000円以上になるように設定
  • 1万円以上の仕入れは、利益額が5000円以上になるように設定

もちろん設定金額は回転率を考慮すると変動することはありますが、基本的にこの金額で設定しています。

仕入れの金額に対する利益額で計算している理由は、利益と仕入れのリスクを比較しているためです。

手持ちの資金と利益額・リスクを比べて決める

わかりやすく例をあげると、10万円の仕入れ値で
5000円の利益が出せる商品があった場合…。

おそらくあなたは仕入れしないのではないでしょうか。

というのも、10万円使ってしまったらその商品が売れるまで使えないからです。

そのリスクに対しての利益額が5000円というのはあまりにも少なすぎます。

資金が無限にある場合は考える必要はありませんが、ほとんどの人は限られた資金の中で取り組むとでしょう。

自分の持っている手持ちの資金を考慮した上で、仕入れる際の利益額のリターンと仕入れのリスクを比べてみてくださいね。

利益率は設定しなくて良い

利益率はどのくらいになるよう商品を仕入れていますか?」という質問です。

結論

利益率は設定していません。

先述した通り、仕入れの金額に対する利益額で設定しています。

利益率を設定しない理由は、利益率を設定して商品を仕入れるかどうか考えると、仕入れられる商品の幅がとても狭まってしまうからです。

回転や仕入れ値などトータルで判断する

利益率を30%に設定していたとしましょう。その場合、利益率が26%の商品は仕入れ対象になりません。

しかし、これが1週間以内に売れてくれる回転が速い商品だとしたら、かなりおいしいと思いませんか?

利益率を設定して「これ以下は仕入れない」と決めるのはもったいないですし、仕入れ値が上がるにつれて大きい利益を逃してしまう可能性があります。

中には「平均利益率70%!」と豪語する人がいますが、在庫をたくさんかかえてキャッシュフローが悪いことがほとんどです。

そうなると資金繰りを圧迫してしまうので、これから古着転売を始めようとしている方にはそのようなやり方はおすすめしません。

僕の場合は月の平均利益率は30~40%前後です。

基本的にどんな商品でも出品してから2か月以内に売り切ることを意識しています。

2か月経っても売れない商品は、仕入れ値よりも少し高い金額で売り切ってしまい、どんどんキャッシュを回していきます。

資金がない場合、回転率のある商品を仕入れる

畳まれた服

時間はあるけどお金がない場合、どういった商品を仕入れればいいでしょうか?」という質問です。

結論

回転率のある商品を仕入れるべきです!

ぜいたくを言うと、回転率に加えて利益率が良い商品だとさらにいいです。

とはいえ、利益率が悪くても回転率の良い商品だけでも問題ないですよ。

手持ちの資金が少ない状況は、資金ショートの可能性があります。そのため、キャッシュフローが命になってくるのです。

なので、薄利でもいいのでどんどん仕入れと販売を繰り返し、売り切ることが大切です。

低単価商品の薄利多売は危険

資金の少ない状況でも、低単価な商品を大量に買って薄利多売をする考えは危険です。

基本的にこのような商材は回転が悪いものが多いので注意が必要です。

それなら、ブランド価値が高く回転率の良い商品を2~3個でいいので仕入れましょう!

販売する時は相場よりも安く出品し、ドンドン回転させていくのがベストです。

とはいえ、「回転率に加えて利益の取れる商品なんてそんなに仕入れられるもんじゃないでしょ」と思う方も多いのではないでしょうか?

たしかに、初心者の方がいきなり回転率や利益率の良い商品を見つけるのは難しいでしょう。

1つオススメの方法がリペア販売です。

リペア販売とは?

主に傷んだブランド品を仕入れ、修復して販売すること。

リペアを学ぶと、ダメージのある商品を安く仕入れることができます。

また、ダメージのある商品は比較的低価格で出回っているので、仕入れられる商品の数も倍増します。

時間があってお金がない人は、リペアを勉強してブランド品を安く仕入れ、修復して相場より安く販売しましょう。

これを繰り返せば資金をどんどん増やせます。

逆に、資金力があるのに時間がない人は、高単価な商品を仕入れるようにしてみてください。

古着転売をやっている人は仕入れ値を低く見積もっている人が多いので、高単価な商材はかなり仕入れがしやすいです。

お金がある人は利益率にとらわれず、どんどん利益の取れるものを仕入れていってください

高値の商品を仕入れるポイント3つ

チェック

高値の商品を仕入れる際のポイントをおしえてください」という質問です。

「高額」の定義は人によって違うと思うので、ここでは3万円以上と仮定して説明します。

結論

高値の商品を仕入れる際のポイント3つ。

  1. 赤字にならない
  2. 大きな利益を出す可能性がある
  3. 回転をある程度コントロールできる

1つずつ詳しく見ていきましょう!

赤字にならない

高値の商品を仕入れるポイントの1つ目は、赤字にならないことです。

つまり、いつもより相場を低めに見積もって仕入れをしようということです。

「一つだけだけど、この商品は過去にこんだけ高い値段で売れてるから」といった風に仕入れをしてしまうと危険です。

たまたま売れているデータの一つを見るのではなく、全体の相場を見て仕入れをする必要があります。

大きな利益を出す可能性がある

2つ目は、高額商品を仕入れる際は、ある程度利益が大きい商品でなければ、リスクに対してリターンが見合っていないということに注目してください。

仕入れに5万円使った場合、その5万円はどれほどキャッシュフローが良くても、仕入れてから売れるまでの期間は使えなくなってしまいます。

それで利益が2000~3000円にしかならない場合、その商品を仕入れずに他の仕入れに回したほうがいいでしょう。

回転をある程度コントロールできる

3つ目は、回転をある程度コントロールできる物を選ぶことです。

つまり、売りたいときに売れる商品を仕入れることが大切です。

あまりにも回転の悪い商品を仕入れてしまうと、仕入れに使ったお金が使えない期間が長くなってしまうので非常にもったいないです。

ポイント

高額な商品の仕入れで、需要の少ないニッチな商品を仕入れてしまうことは避け、ブランド価値が強い商品を仕入れましょう。

しかし、最初から無理に高額の商品に挑戦する必要はありません。初心者の方は、できるだけ回数をこなしながらPDCAを回していきましょう!

ブランド知識を付けても稼げるようにはならない

人差し指を立てる男性

ブランドの知識をひたすら身に付ければ稼げるようになりますか?」という質問です。

結論

ブランドの知識をひたすら身に着けても稼げるようにはなりません

実は、ブランドの知識を身に着けても利益を出せない商品は結構あります。

それらの条件を理解したうえでリサーチしなければ意味がありません。リサーチしても意味がないブランドの特徴は2つあります。

  • 市場に出回っている数が少ないブランド
  • 売値が付かないブランド

詳しく説明していきます!

市場に出回っている数が少ないブランド

市場に出回っている数が少ないブランドは、知識を身に着けたとしても今後その商品を仕入れる機会が少ないですよね。

つまり、利益を出すことに全く繋がりません

マイナーなブランドを数多く覚えるより、バーバリーなど市場に出回っている数が多いブランドを1つ覚えたほうが稼げるようになるというわけです。

売値が付かないブランド

売値があまりにも安いブランドをリサーチしても、薄利な商品しか見つけることがません。最低でも8000円以上で売れている商品が多いブランドの知識を身に着けるようにしましょう。

例えば…

◆4000円で売れている商品を2000円で仕入れ
⇒送料・手数料を引くと1500円前後

◆8000円で売れている商品を4000円で仕入れ
⇒送料・手数料を引くと3000円前

つまり、ある程度の売値が付くブランドでなければ、少ない利益の商品をたくさん売る薄利多売のスタイルになってしまいます。

中古転売は新品の転売と違って手間がかかるので、その分しっかりと利益の取れる商品を仕入れなければいけません。

利益を最大化するために合理的に考えましょう

これを読んだあなたはGUやUNIQLOなどの売値が安いブランドではなく、8000円以上するブランドの知識を身に着けて労働地獄にならないようにしてくださいね!

リペアを覚えることで仕入れの幅が広がる

リペアを覚えたほうが稼げますか?」という質問です。

結論

リペアを覚えたほうが稼げます

中古のブランド品を自らの手で綺麗にしたり修理したりして、コンディションを整えて再販売することをリペアと言います。

リペアを覚えることで仕入れの幅が広がり、仕入れ値も安くすませられるようになります。

とはいえ、全部を全部リペアするのではなく、

  • 作業した時間に対して利益の大きさが割に合うのかどうか
  • 費用対効果を考えながら本当に仕入れるべきかどうか

の2つを基準に判断するようにしてください。

費用対効果が高くなる方法は人によって違う

例えば、上のような商品は黒塗りで短時間で簡単にリペアすることができます。

若干の色落ちやアパレルの汗染みなど、簡単なリペアを覚えるだけでも仕入れの幅は広がります

ただし、リペアは時間がかかるので、資金がない人におすすめな方法であって、資金力がある人は無理に挑戦する必要はありません。

資金力がある人は、1点当たりの利益額が落ちても商品の数を増やして行った方が良い場合もあります。

自分にとってどれが一番費用対効果が高くなるのか」を考えながら挑戦してみてください。

大きく稼ぎたいなら薄利多売は論外!

バツ印を持つスーツの男性

大きく稼いでいくには薄利な商品は仕入れない方がいいですか?」という質問です。

結論

大きく稼いでいくには薄利な商品は仕入れない方がいいです!

中古の転売で薄利多売は論外です。

(ここでいう薄利は2000円以下の利益のことをさします)

中古転売の魅力は「作業量が多い代わりに利益率や利益額が大きいところ」です。

薄利多売でその魅力を捨てるなら、利益率の低い代わりに作業量の少ない新品転売に取り組んだ方が効率的に稼げます。

古着転売で薄利多売は労働地獄の始まりです。厚利少売のスタイルでやっていきましょう!

しかし、「そんな大きな利益を狙える商品なんてそんなに頻繁にみつからないよ」と思う方も多いのではないでしょうか?

確かに、1点当たり何万も利益の狙える商品をいきなり初心者の方が見つけるのは難しいです。

おすすめは5000円前後の中利益を狙える商品を主軸に、時々大きな利益を狙える高利益の商品も仕入れるスタイルです。

数字で考えると目標達成する方法が見えてくる

目標から逆算しなければ、いつまでも望むような利益は達成することはできません。数字で具体的に考えるのがポイントです。

例えば…

◆目標:月利20万円
→1点当たり利益額1,000円、1ヵ月に売れる商品が半分と仮定
→400個出品して200個売らなければならない
→1日の出品数は13~14個

このように具体的に考えていくと、この目標が現実的ではないと気付けますよね。

古着転売を始めたての時は、薄利の商品でも「売れる感覚」を掴むのには良いと思います。

しかし、数字を設定しないで、いつまでも何となくでやってしまうは非常にもったいないです!

具体的な目標金額を設定し、それを達成するためにどのぐらいの利益をどのくらい売ればいいのかを計算してみてください。

まとめ

今回は、【古着転売で大事な仕入れの考え方】ということで、仕入れに関する質問に答えてきました。

「もっと具体的な稼ぎ方が知りたい」「ブランドの知識の方が知りたい」と思った方もいるかもしれませんが、このような本質的な考え方は、ブランド知識などよりよっぽど大切です!

手持ちの資金や使える時間を把握したうえで、自分にとっての最適な戦略を練っていきましょう。

いま手持ちの資金や使える時間が少ない方は、いきなり大きな成果を出すことは難しいかもしれません。

しかし、今回紹介した仕入れに対する考え方を身に着けているだけで、今後の伸びしろが全く違いますよ!

最後に、今回、公式LINEの特典が半端なく豪華になったのでお知らせです。

電脳セラーの仕入れ値と販売額を丸裸にした「電脳利益商品リスト100選」や、絶対に覚えておきたいメルカリ販売テクニックを1万字以上でまとめたnoteもプレゼント!

ゲットしたい人は下記画像をクリックで進んでくださいね!

これだけでもかなり価値はありますが、僕が実際に電脳で仕入れた商品をどういった考えで仕入れて販売したのかを、商品ごとに徹底解説した動画も追加で付けました。

すぐに実践に活かせる内容となっているので、ぜひこの機会に仕入れに関する深い知識を身につけてください!

おすすめの記事