「アパレルせどりを始めてみたけど、今何を仕入れたらいいのかわからない…」
「仕入れた商品の売り切りのタイミングって…?」

と悩んでいませんか?

仕入れや売り切りのタイミングって難しいですよね。

僕自身も売り切りのタイミングを掴めず1年持ったまま、なんてこともありました。

特に、秋冬商品の仕入れ・売り切りのタイミングを逃すと、半額でも売れなかったり、在庫を抱えて手元のキャッシュがなくなってしまったり、という状態に陥ってしまいます

今回は、そんな悩みを持つ方向けに、僕が経験した3年分の知識をあますことなく紹介します!

この記事を読めば、僕が【作戦→実行→修正】を3年繰り返し、得た知識をそのまま身につけられますよ♪

秋冬商品の仕入れ・売り切り時期のポイント

たたまれたニット

早速ですが、秋冬商品の売り切り時期のポイント2つをチェックしてみましょう!

秋冬商品売り切り時期のポイント
  • 来年まで持ち越すことは避ける
  • 仕入れ、売り切り時期のタイミングを理解する

1つずつ詳しく見ていきます。

ポイント①来年まで持ち越すことは避ける

秋冬商品によくある「ムートン」や「ダウン」は冬にしか着られないため、シーズンが過ぎてしまうと適正価格の半額でも売れないなんてことは普通です。

だからといって来年まで持ち越すと、以下のようなデメリットが生じてしまいます。

  • 在庫をたくさん抱えることになる
  • 手元のキャッシュがなくなる

Twitterなどで情報収集していると、中には高値売りの人もいます。

しかし、そのような場合はたいてい回転率が悪く、家に在庫をたんまり抱えている場合がほとんど。手元にキャッシュがほとんどない状態なんです。

加えて、長い期間商品を抱えるということは、その商品分の金額は宙に浮いて使えません。

そんなリスクを負うくらいなら、どんどん回転させて少しでも手元に資金を残し、健全な物販をすべきです。

アパレルは生ものと同じと考えましょう。

長く持ち続ければ腐って売れませんし、鮮度の高い状態、つまり旬の時期に売ることができれば高い金額で売れてくれます。

【腐ってしまう時期】と【旬な時期】を正確に把握することが重要だということです。

ポイント②仕入れ、売り切り時期のタイミングを理解する

仕入れや売り切りのタイミングが掴めるまでは、「今月はこれを仕入れようかな?」「来月は…」と、毎シーズン悩んでしまいます。

しかし、仕入れ・売り切りのタイミングを掴めると、「この時期にはこの商品」と、ある程度予定を決められるためとっても楽になるんです

タイミングを理解すれば、赤字を出さずに秋冬の古着転売でしっかり稼げますよ♪

次からは、月別に仕入れ・売り切り商品を詳しく紹介していきます。

3年分の知識が詰まっているので、ぜひチェックしてください!

8月の仕入れ・売り切り商品

秋服

8月は「アパレルの閑散期」とも言われるほど、1年のうちでもっともアパレルの売り上げが落ちる時期です。

基本的に消費者は7月には夏物を揃えますし、8月はまだ暑く秋物を購入する気持ちにはなれないからです。

では、一体8月の仕入れや売り切りはどのようにすれば良いのでしょうか?

8月の仕入れ商品

8月の基本的な仕入れアイテムは以下のとおりです。

8月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット
  • トレンチコートやステンカラーコートなど、薄手のコート類
  • テーラードジャケット
  • スーツ

夏物はほとんど仕入れません。

ブランドが強く、回転率が非常に高い商品が安く落ちていたら仕入れるくらいにしておきましょう。

また、通年アイテムであるバッグは、扱えると夏でも売上げが安定します。

覚えておいて損はないですよ。

8月の売り切るべき商品

8月に売り切った方が良いアイテムは以下のとおりです。

8月の売り切りアイテム
  • 半袖
  • ブラウス
  • ワンピース

8月末までに、すべての夏物を売り切る意識が大切です!

秋冬商品の出品に関しては、少し高めで出品し、100円ずつ値下げして「いいね」数を貯めていくのがおすすめです。

9月の仕入れ・売り切り商品

ウールコートを着る女性

9月は、後半から秋物が一気に動き出します

後れを取らないためにも、8月からしっかりと秋物を仕込んでおくことが大切です。

9月の仕入れ商品

9月に仕入れた方が良いアイテムは以下のとおりです。

9月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット
  • トレンチコートやステンカラーコートなど、薄手のコート類
  • テーラードジャケット
  • スーツ
  • ウール系のコート

9月は秋物に加えて冬に着られるウール系のコートを集めていきましょう!

カシミアアンゴラなど、素材に価値があるものをどんどん仕入れてください

9月の売り切るべき商品

9月に売り切った方が良いアイテムは、8月に値下げしても売れなかったアイテムです。

ポイントは以下の通りです。

9月の売り切りのポイント

赤字でもいいので、夏物を完全に売り切る

9月に夏物を売り切れなかった場合、1年間その商品を持っておかなければいけません。

キャッシュフローが止まってしまうため、必ず売り切るようにしてください。

10月の仕入れ・売り切り商品

ダウンジャケットを着る女性

10月からは、重めのアウターなども仕入れていくことになります。

基本的に10月~1月くらいまでは、仕入れの幅をどんどん広げていくスタイルがおすすめです。

10月の仕入れ商品

10月の基本的な仕入れアイテムは以下のとおりです。

10月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット
  • トレンチコートやステンカラーコートなど、薄手のコート類
  • テーラードジャケット
  • スーツ
  • ウール系のコート
  • ダウンジャケット
  • ムートンコート
  • 毛皮系のコート

9月に仕入れる商品に加え、ダウンやムートン、毛皮が増えています。

素材自体に価値がある商品も多いので、どんどん仕入れていきましょう!

10月の売り切るべき商品

9月中に夏物をすべて売り切れた場合、10月の売り切りアイテムはありません。

11月・12月の仕入れ・売り切り商品

毛皮

次に、11月・12月の仕入れ・販売商品をまとめて紹介します。

12月はクリスマスやお正月があり、1年で1番売れる時期です!

真冬向きのアウターは11月中に必ず出品し、タイミングを逃さないようにしてください。

11月・12月の仕入れ商品

11月・12月の基本的な仕入れアイテムは以下のとおりです。

11月・12月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット
  • トレンチコートやステンカラーコートなど、薄手のコート類
  • テーラードジャケット
  • スーツ
  • ウール系のコート
  • ダウンジャケット
  • ムートンコート
  • 毛皮系のコート

10月と基本的にやり方は変わりませんが、真冬アイテムの比重を増やすことでしっかり収入をアップしていきましょう

カーディガンやニットを集中して狙うのではなく、コート系にシフトするのがポイントです。

11月・12月の売り切るべき商品

11月~12月に売り切らなければならない商品は基本的にありません。

1月の仕入れ・売り切り商品

スーツ

1月はまだコートがしっかり売れる時期ですが、後半になるにつれ反応が少しずつ鈍ってきます

1月中旬あたりから、コートを売り切るタイミングをしっかり意識してください。

1月の仕入れ商品

1月の基本的な仕入れアイテムは以下のとおりです。

1月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット
  • スプリングコート
  • トレンチコート
  • ステンカラーコート
  • テーラードジャケット
  • スーツ

1月後半からはコートの仕入れはやめ、スーツにシフトするのがおすすめです。

冬系アウターほどではないものの、スーツは春の卒業式・入学式に向け、1月~4月にかけてかなり売れるアイテムです。

また、1月の中旬あたりからは、冬物の重めのコートやウール系のコートは完全に仕入れるのをやめましょう!

1月の売り切るべき商品

1月の初めは問題ありませんが、1月の後半までに売り切りたいアイテムは以下のとおりです。

1月の販売アイテム
  • ダウン系
  • ムートン
  • 毛皮

1月後半に差し掛かると、適正価格で売ろうとせず「回転重視」で売っていってください

値下げ交渉なども積極的に受けてくださいね!

2月の仕入れ・売り切り商品

カーディガン

2月は8月同様、アパレルの閑散期です。

冬本番で寒いですが、消費者はすでに冬物を揃えてしまっている上、まだ春物が欲しいという心境になっていないのが理由です。

売上げは12月・1月のピーク時に比べると落ちてしまいますが、慌てずに対処していきましょう!

2月の仕入れ商品

2月の基本的な仕入れアイテムは以下のとおりです。

2月の仕入れアイテム
  • カーディガン
  • ニット(薄手のもの)
  • スプリングコート
  • トレンチコート
  • ステンカラーコート
  • テーラードジャケット
  • スーツ

1月と同じですが、ニットなどは春に着られる薄手のものを仕入れるようにしてください。

また、先月に引き続きスーツがかなり売れるのでおすすめです。

メンズに限らず、冠婚葬祭で着られるレディースのブラックフォーマル系のアイテムもチェックしてくださいね。

2月の売り切るべき商品

2月に売り切りたいアイテムは以下のとおりです。

2月の販売アイテム
  • 真冬系のアイテム

ダウンやムートンなど真冬系のアイテムは、必ず2月中に売り切ってください。

2月を過ぎると売値が一気に落ち、適正価格の半額でも売るのが難しくなってきます

カーディガンやニット系アイテムは春や秋に売れますが、真冬系アイテムは冬にしか売れません。

1年間在庫を抱え、その分のお金が使えなくなるのは絶対避けたいですよね。

セールしても売れなければ、ラクマやヤフオクなど色々な媒体に出品して売り切りましょう

秋・冬商品の仕入れ・販売時期は自分に合った方法を探そう

月別に仕入れ・販売アイテムを紹介しましたが、これはあくまで基本的なやり方です。

資金状況や使える時間など、それぞれのリソースによって左右されるものなので、自分に合った方法を探りながらやっていくのがおすすめです。

例えば、在庫を確保するスペースや資金がある人は、夏に激安で冬物コートを仕入れ、冬に一気に放出することだってできますよね。

そんなやり方で、ひと月でサラリーマンの年収を稼ぐなんてザラにある話です。

まとめ

収入アップ

今回は、秋冬商品の仕入れ・売り切り時期について3年分の知識をあますことなく紹介しました。

アパレルは生ものと同じなので、鮮度の高い状態で旬な時期に売れば高額で売れてくれます

そのため、しっかり仕入れと販売の最適な時期を把握することがとても大切だということです。

今回紹介した秋冬の立ち回りを試してみて、慣れてきたら自分なりに試行錯誤しながら自分の色を加えるのが理想です。

やっていく中で気づくことも多いので、まずは今回紹介した基本的なやり方で経験を積んでください!

秋冬のチャンスを掴んでしっかり稼いじゃいましょう!

最後にお知らせです♪

僕の公式LINEでは、仕入れ値と販売額を丸裸にした「電脳利益商品リスト100選」や、売上げを3倍にするメルカリ販売テクニックを1万字以上でまとめたnoteをプレゼント中!

古着転売でしっかり稼ぎたい人はチェックしないと損な内容になっているので、ぜひ下記画像をクリックしてゲットしてくださいね!

おすすめの記事