せどりをやっていて友人や恋人、家族に「せどりはやめたほうがいいよ」「せどりをやるなんてクズだね」と言われたことはありませんか?

「せどりをやっていると嫌われるのかな?」「きちんとした仕事ではないのかな?」と悩むこともありますよね。

たしかに、周りにせどりをしている人が少ない環境だと理解してもらいにくいかもしれません。

この記事では、せどりは真っ当なビジネスモデルで興味があるならやるべき!と自信が持てるように、せどりの魅力について解説していきます。

さらに、なぜせどりは稼げるのか?初心者でも成功するのか?についても解説していきますね。

これを読んで、せどりを始めるか迷っている人、辞めようか迷っている人はせどりビジネスに自信をもって取り組んでいきましょう!

古着・アパレルせどりで「最高月利451万」を達成した私のノウハウを余すことなく伝授します!
PMカレッジ_CTA

目次

【結論】せどりは真っ当なビジネスモデル!興味があるならやるべき!

結論からいうと、せどりは真っ当なビジネスモデルです。

迷っている人は興味があるならやるべきビジネスでしょう。

本章では、その理由を詳しく解説していきます。

また、実際にせどりで稼いでいる人の体験談も紹介するため、「せどりを始めるのが不安...」「本当にこのまませどりを続けていていいのかな...」と考えている方は参考にしてください。

せどりは真っ当なビジネスモデルであり初心者でも稼げる可能性がある

せどりは真っ当なビジネスモデルで初心者でも稼げる可能性があります。

せどりがクズだと言われる理由は、定価以上に価格を釣り上げて販売したり、限定商品を買い占めて販売したりするからではないでしょうか。

そもそもせどりは、商品を定価より安く仕入れて定価前後で販売することをいいます。

商品を安く仕入れるから利益が出ることが大前提です。

モラル違反になる売り方をしなければ周りに批判されることはなくなるでしょう。

仕入れ先が卸やメーカーではなく一般的なECモールを利用するため、初心者でも始めやすく稼ぎやすいビジネスなのです。

ここからは、実際にせどりで稼いでいる人の体験談を紹介していきます。

アパレル電脳せどりで月利400万円を達成した人の体験談

きっくす プロフィール情報

今回紹介するのは、アパレル電脳せどりで月400万円を達成したきっくす(本ブログの運営者)の体験談です。

きっくすは大学1年生の時にやりたいことが見つけられず大学を中退してしまいます。

大学中退後はブログで生計を立てようとするも1円も稼げず、さらに古着転売に挑戦するもほぼ売れずに無収益の1年間を過ごしました。

その後、Twitterで見つけたコンサルを受けて月り20万円を達成、電脳古着転売に挑戦し月り50万達成、さらにInstagramアフィに成功し月り80万円を達成するのです。

Instagramアフィに成功したアカウントを500万で売却、物販も組織化し月利100万円まで達成してしまいます。

成功後は電脳特化コンサルPMカレッジを始めるなど活躍の幅を広げていきます。

最初から成功したわけではなく何年もかけてコツコツと積み上げてきた成功者の体験談はこれからせどりを始める人の希望になりますね。

月利400万円を達成したノウハウを伝授して成功したせどらーが続出中

実はいま、月利400万円を達成したきっくすが自身のノウハウを伝授したせどらーたちが次々と成功していきます。

きっくすのコンサルを受講されたコンサル生の1人、月利100万円を達成したみかんさんを紹介します。

みかんさんは最初は副業でスタート、どんどん規模を拡大し専業せどらーになりました。

月利100万の規模がありながら、パートさんや従業員を雇わずに1人で運営をしていたそうです。

みかんさんは現在の月利100万に至るアパレルせどりを始める前は、中古の家電や家具を中心にせどりにしていました。

大きなものの販売で苦労しても稼げたのは月利18万円程度だったそうです。

利益の伸びに悩んでいた時に、きっくすの3日間コンサルと出会い、3日間たくさんの質疑応答を繰り返し、最終的に正式なコンサルを受講するに至ります。

コンサルを受けてからは、なんと月利87万円ほどまで利益を伸ばされました。

その後、専業に切り替えたことによる環境の変化によって一時伸びが失速してしまったものの、最終的に月利100万円を超えるまでに利益を伸ばされたそうです。

きっくすのコンサル「PMカレッジ」では、最初から答えを教えるのではなく、コンサル生自身が成長できるようなフィードバックをすることで、自分自身の力で大きな利益を目指せるようになります。

「このまませどりを続けてていいか不安...」「せどりで本気で稼げるようになりたい...!」という方はぜひPMカレッジの無料相談を受けてみることをおすすめします。

PMカレッジ_CTA

せどりはやめたほうがいい!と言われてしまう理由|どんなリスクがある?

ここからは、せどりはやめたほうがいいと言われてしまう理由5つを解説していきます。

  • 競争が激しく、安定して儲かりづらいから
  • 商品登録から販売、発送までの作業量が多くて大変だから
  • 継続的に商品を販売する必要があるフロー型ビジネスだから
  • 詐欺的なセミナーが開催されている場合があるから
  • 偽物を販売すると逮捕される場合があるから

1つずつ詳しく解説していきます。

競争が激しく、安定して儲かりづらいから

せどりはやめた方がいいと言われる理由の1つ目は、競争が激しく安定して儲かりづらいからです。

せどりは競合がたくさんいるため、商品1つ売るだけでも簡単なことではありません。

たとえばメルカリでモノを売る時の想定をしてみましょう。

まず、そもそも自分の商品が買い手に見つからないことには話にならないため、メルカリ内の検索画面で上位表示させる施策を考える必要があります。

次に、検索画面で上位表示されるようになったとしても、買い手の画面には競合の商品がいくつも表示されているため、その中から自分の商品を選んでもらうための仕掛けを作っておくことが大切です。

商品写真を魅力的にしたり、出品名のタイトル文を改善することで、競合より魅力的に思ってもらえるかもしれません。

さらに、自分の商品詳細ページをクリックしてもらえたとしても、商品説明文などが魅力的でないと購入してくれない可能性もあるため、商品詳細ページの中身も作り込んでおく必要があります。

このような試行錯誤をした先に、ようやく買い手に購入してもらうことができます。

このようにせどりは競合が多く、決して難易度が低い手法とはいえないため「やめたほうがいい」と言われてしまうのです。

商品登録から販売、発送までの作業量が多くて大変だから

せどりはやめた方がいいと言われる理由の2つ目は、商品登録から販売、発送までの作業量が多くて大変だとイメージされているからです。

基本的にどの出品サイトも、商品登録から販売・発送まで自分で行わなければなりません。

1つの商品を売るために行う作業量が多いため大変そうに見えるのでしょう。

しかし、ツールや外注を使うことでその手間を減らすことは可能です。

1人で全部担おうと思うと大変さを感じるかもしれません。

継続的に商品を販売する必要があるフロー型ビジネスだから

せどりはやめた方がいいと言われる理由の3つ目は、継続的に商品を販売する必要があるフロー型のビジネスだからです。

商品を仕入れて売ることで利益を得るのがせどりですから、売らなければ利益は発生しません。

不労就労を好む方の正反対の立ち位置にあるせどりは手間や労力を考えると大変そうに見えるのでしょう。

しかし、売れやすい商品の特徴や買い手の需要を解像度高く言語化することで、せどりであっても再現性高く利益を出せるようになります。

せどりで本気で長期的に稼げるようになりたいなら、プロのせどらーのコンサルなどを受けて、より本質的なせどり活動を行なっていくことをおすすめします。

中途半端な気持ちでせどりに取り組んでしまっているだけでは、「安定しないからやめたほうがいい」と思ってしまうかもしれません。

PMカレッジ_CTA

詐欺的なセミナーが開催されている場合があるから

せどりはやめた方がいいと言われる理由の4つ目は、せどらー向けに詐欺的なセミナーが開催されている場合があるからです。

せどりをしていると売上や仕入れに関しての悩みが増えます。

そのような時に詐欺的なセミナーに参加してしまい、高額なコンサルに加入してしまったという事例もあります。

詐欺的なセミナーの詳細がSNSなどでもたびたび流れてきますが、参加しようとしてるセミナーは怪しくないか、情報発信者はきちんと成果を出しているのかを必ずリサーチすることが大切です。

参加してみたいセミナーやコンサルがある場合はセミナー参加者のレビューやコンサル生の口コミを調べることをおすすめします。

せっかく得た利益を詐欺的セミナーに使ってしまうのはとてももったいないことです。

偽物を販売すると逮捕される場合があるから

せどりはやめた方がいいと言われる理由の5つ目は、万が一偽物を販売してしまうと逮捕されてしまう場合があるためです。

もし、ブランド品のコピー商品やCDやDVDの海賊版などを販売してしまった場合、たとえ自分が偽物だと知らなかったとしても逮捕される可能性があります。

偽物を販売した場合は「商標権侵害」という罪に問われ、10年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課せられます。

ブランド品やCD・DVDのように偽物が多く出回っている市場の商品を仕入れるときは特に注意しなければなりません。

万が一でも犯罪者になるかもしれない可能性があることも、せどりをやめた方がいいと言われる理由です。

せどりでウザい・クズ・気持ち悪いと思われるNG行動

バツ印を持つスーツの男性

せどりをすると「ウザい・クズ」「気持ち悪い」と周囲から思われないか心配な方も多いでしょう。

結論、周りの人に迷惑をかけなければ大丈夫です。

ここでは、せどりをしていて周りの人からウザい・クズと思われてしまう下記4つのNG行動を解説していきます。

  • 店舗で特定の商品を買い占める
  • 人気商品を買い占めて高額転売をする
  • 違法な商品を販売する
  • 不良品を転売する

周りの人に迷惑をかけないようしっかりチェックしていきましょう。

店舗で特定の商品を買い占める

せどりが嫌われるの1つ目理由は、店舗で特定の商品を買い占める人がいるからです。

ポケモンカードの発売日に家電量販店の前に徹夜で並んで、周囲の人と喧嘩までして我先に買おうとする人のニュースを見たことはありませんか。

特定の商品を自分一人だけで買い占める姿を一般の人が見たら「そこまでして儲けたいのか」「必死すぎて気持ち悪い」と思ってしまうのも無理ありません。

良識的な行動を心がけることは、せどりビジネスを理解してもらうためには重要なポイントです。

人気商品を買い占めて高額転売をする

せどりが嫌われるの2つ目理由は、人気商品を買い占めて高額転売する人が一定数いるからです。

せどりでは、人気商品を手に入れる努力はもちろん必要ですが、必要以上にたくさんの商品を買い占めてしまったり、異常に高い金額で販売したりしてしまうと、本当にその商品をほしいと思っている人たちの手に届かなくなってしまいます。

このようなことをすれば、本当に商品をほしいと思っている人から「せどらーのせいで買えなかった」「せどらーはクズ」と思われてしまっても仕方がありません。

せどりをする際は、市場の公平性を損なわないよう、常識の範囲内で取り組むことが大切です。

違法な商品を販売する

せどりが嫌われるの3つ目理由は、違法な商品を販売している人が少なからずいるからです。

違法な商品を販売することはせどりビジネスではNGです。

わかっているのにブランド物の偽物を売ったり、CDやDVDの海賊版やコピー商品を売ったり、キャラクターのコピー商品を売ると逮捕されることもあります。

利益が出るからといって違法な商品を販売することは絶対にやめましょう。

逮捕されなくても販売するプラットフォームの利用停止措置や永久追放されてしまうリスクなどもあります。

不良品を転売する

せどりが嫌われるの4つ目理由は、不良品を転売する人が少なからずいるからです。

箱がつぶれていたり、商品そのものに不具合や故障しているものを転売するのはNG行為です。

購入した人からのクレームになるのはもちろんですが、運営に通報されるとアカウント停止になることもあります。

壊れているとわかっているものは訳アリ商品として販売するか、ジャンク品として販売する方法もあるでしょう。

せどりビジネスで常識を外れた行為を行うことは絶対にやめましょう。

せどりをやめるか悩んでいる人に本気でおすすめできる理由

ここからは、せどりをやめるか悩んでいる人に本気でおすすめできる理由を解説していきます。

  • 特別なスキルがない初心者でも稼ぐことができる
  • 商品が売れてから売上が入金されるまでのスパンが短い
  • 忙しい人でもスキマ時間で稼ぐことができる

周囲からの目が気になりせどりをやめようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

特別なスキルがない初心者でも稼ぐことができる

せどりを本気でおすすめできる理由の1つ目は、特別なスキルがない初心者でも稼ぐことができる手法だからです。

プログラミングやブロガーなどのビジネスも人気ですが、始めるためにはある程度の専門知識が必要になります。

一方でせどりは、パソコン操作などの特別なスキルがない初心者でも今日から始めることができます。

仕入れや販売、発送もスマホ1台あればできるでしょう。

このように、せどりは数あるビジネスの中でも、特別なスキルがない初心者でも稼ぎやすい手法であるため、とてもおすすめできます。

商品が売れてから売上が入金されるまでのスパンが短い

せどりを本気でおすすめできる理由の1つ目は、商品が売れてから売上が入金されるまでのスパンが短いからです。

一般的なビジネスでは、商品が売れてから売上入金までのラグが1ヶ月〜2ヶ月以上開いてしまうことも珍しくありません。

個人の小規模ビジネスとして始める場合、売上の入金が遅いと、キャッシュフローが追いつかなくなってしまう恐れがあります。

一方で、せどりでは商品が売れてから数週間程度で売上が入ってくる場合が多いです。

たとえば、Amazonでは2週間ごとに売上が振り込まれ、メルカリは相手に商品が届いて評価がついたらすぐ出金することもできます。

キャッシュフローの回転が速いことは個人ビジネスでは重要事項であるため、すぐに売上を確保できるせどりはとてもおすすめです。

忙しい人でもスキマ時間で稼ぐことができる

せどりを本気でおすすめできる理由の3つ目は、本業や子育て、家事が忙しい人でもスキマ時間に稼ぐことができるからです。

せどりはスキマ時間に仕入れのリサーチを行い、商品登録をして出品し、売れたらスマホから発送の準備をして、近くの配送業者かコンビニに持ち込むだけで終わります。

一日数十分、数時間確保するだけで利益が生まれるせどりをやめるのはもったいないでしょう。

せどりをやめるべきか悩んだときにすべき行動

在宅ワークイメージ

ここまで読んで、まだどうしてもせどりをやめるべきか悩んでいる方もいるでしょう。

ここからは、せどりをやめるべきか悩んだときにすべき行動を解説していきます。

  • せどりをする目的を明確にする
  • 3ヶ月だけ全力でやってみる
  • 成功者の話を聞いてみる

1つずつ詳しく解説していきます。

せどりをする目的を明確にする

せどりをやめるべきか悩んだときは、まずせどりをする目的を明確にしましょう。

月にいくら稼ぎたいのか、なぜ稼ぎたいのか、稼いだお金を何に使うのかをもう一度振り返ってみてください。

子どもの教育費、本業では足りない生活費、余剰資金で投資がしたい、アーリーリタイアがしたい、老後の資産計画など、せどりをする目的はひとそれぞれのはずです。

せどりをやめる前に目的を明確にすると次に取るべき行動が見えてきます。

3ヶ月だけ全力でやってみる

せどりをやめるべきか迷ったときは、とりあえず3か月だけでも全力でやってみることをおすすめします。

せどりは即金性が高く、初心者でもやりやすいのがメリットですが「稼げてる」実感がもてるまでに最低でも3か月程度は必要だからです。

最初は本当に稼げるか不安ですが、期間を決めて短期集中で取り組んでみることをおすすめします。

成功者の話を聞いてみる

せどりをやめるべきか迷ったときは成功者の話を聞いてみましょう。

せどりで失敗して断念する人の多くは「正しいやり方」を知らず間違った方向の努力をしてしまっている傾向があります。

SNSでせどり仲間を探したり、YouTubeでせどりに成功した人の動画を見るのも良いでしょう。

信頼できるせどらーの中にはせどりのサロンやコンサルを行っている人もいます。

サロンやコンサルに加入して成功した方の真似をしてみると、驚くほどスムーズに利益を出せるようになる可能性もあります。

「真似る」は「学ぶ」という言葉もあるように、最初は成功者のノウハウを徹底的に吸収するところから始めるのがおすすめです。

せどりはやめたほうがいいのか悩んでいる人からよくある質問

せどりをやめた方がいいのか悩んでいる人からのよくある質問をまとめました。

  • せどりに向いているのはどんな人?
  • せどりをやっていることは会社にバレる
  • せどりは違法じゃない?捕まらない?

1つずつ回答していきますので、ぜひ参考にしてください。

せどりに向いているのはどんな人?

せどりに向いている人は、単純作業が好きな人です。

単純作業が嫌いな人はせどりの作業がつらく感じてしまうかもしれません。

せどりは難しいことはほとんどなく、利益の出る商品をリサーチして仕入れて売るだけのシンプルなものです。

一攫千金のような高額転売ではなく、地道にコツコツ作業をするため同じことの繰り返しが好きな人ほど成功します。

せどりをやっていることは会社にバレる?

せどりをやっていることはほとんどの場合会社にはバレません。

自分から言わない限りは会社にバレることはまずないでしょう。

確定申告をしても、所得税の徴収方法を「普通徴収」にすれば会社にせどりで得た所得を知られることはありません。

周りにせどりをしていることを話すと住所と名前から検索されて出品しているセラーを特定されることがあるかもしれないので注意しましょう。

せどりは違法じゃない?捕まらない?

せどりは真っ当なビジネスであり、違法ではありません。

正しいやり方をしていればまず捕まることはないでしょう。

期間限定や人気商品を買い占めて高額転売したり、禁止されているものを売らないことを徹底すれば真っ当なビジネススタイルなので自信を持ってください。

せどりはやめたほうがいいのか? まとめ

今回はせどりはやめたほうがいいのか?について解説していきました。

せどりは真っ当なビジネスなのでウザいなど言われても気にせずに興味があるなら迷わずやるべきです。

今、せどりをしていてやめるか迷っている人はやめる前にまず3か月本気でせどりに取り組むことをおすすめします。

たしかに1人でせどりをしていると孤独と不安に押しつぶされることがあるでしょう。

仕入れの方法が間違っていないか、商材の見つけ方やリサーチは正しいのかわからないことも多いのではないでしょうか。

そんな方はせどりで成功している人の体験を聞いたり、信頼できるせどりのコンサルを行っている人に思い切ってコンサルを申し込むことで人生を変えられるかもしれません。

正しい取り組み方や信頼できる相談者を見つけてせどりビジネスを成功させましょう。

PMカレッジ_CTA
おすすめの記事