せどり・転売を行っていて自分の作業を効率が悪いと感じたことはありませんか?

店舗でバーコードを見ながら時間をかけてJANコードを1つずつ打ち込んでいたら店員さんに怪しまれることもありますよね。

「もっと便利なツールがあればいいのにな」「作業効率が悪すぎて1商品探すのに時間がかかりすぎる」と悩むことがあるでしょう。

この記事では、作業効率が爆上がりする無料のせどり・転売アプリを紹介していきます。

さらに、有料ツールやアプリを使って作業効率を上げ、今以上に月利を伸ばす方法を解説していきます。

この記事を読むと、作業効率がぐっと上がり、せどりや転売のモチベーションがあがることはまちがいないでしょう。

古着・アパレルせどりで「最高月利451万」を達成した私のノウハウを余すことなく伝授します!
PMカレッジ_CTA

【売上/在庫管理・仕入れ編】せどり・転売アプリおすすめ7選

せどり・転売アプリでおすすめの7つを紹介します。

  • Amazon Seller(アマゾンセラー)
  • Seller Book(セラーブック)
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • ERESA(イーリサ)
  • マカド!
  • コピペ帳

せどりをするときに大切なことは売上を把握することと、現在手元にある在庫の管理、これから予定している仕入れについてを管理していくことです。

在庫管理があいまいで気付けば在庫があふれていたということを防ぐためにもアプリやツールは最大限に活用しましょう。

今回は売上、在庫管理や仕入れをするときに使うと便利なおすすめのせどり・転売アプリ6選を1つずつ表を使って紹介していきます。

Amazon Seller(アマゾンセラー)

できること売上管理出品、在庫、返品管理購入者からの質問への対応
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

Amazon Sellerは、Amazonセラーが使えるAmazon販売のためのスマホアプリです。

アプリをダウンロードしてアカウント設定をすると、出先でもスマホから売上の管理や出品、在庫の管理ができるようになります。

また、購入者からの商品に対しての質問にも迅速に対応することができる機能が備わっています。

Seller Book(セラーブック)

できること売上管理仕入額・手数料登録複数端末でチェック可
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

セラーブックではエクセルやスプレッドシートで管理するのが面倒で後回しになりがちな在庫や売上管理をスマホアプリ1つで完結させてくれます。

確定申告にも対応しているセラーブックでは在庫管理もできて、資金繰りをその都度確認することができるアプリです。

在庫管理を怠ると、お金の流れあ不明瞭になり気付けばキャッシュアウトしているかもしれません。

自分のせどりがうまくいっているのかどうかの確認にもなるので、在庫管理や売上管理はしっかりしておきましょう。

メルカリ

できること売上管理出品、在庫、返品管理購入者からの質問への対応
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

メルカリでは、家にある不要なものからせどり商品まで幅広く販売することができます。

スマホで簡単に出品、発送が完了するので手軽に利用している人も多く、メルカリを利用する人も年々増加しています。

手数料が販売価格の10%掛かりますが、送料がメルカリ便を使うと通常のヤマトなどの配送を使うより安いことがメリットです。

せどり商品を新品未使用商品として販売している人も多いため、商品によってはライバルの数も多くなりますが、初心者さんでも販売しやすいプラットフォームです。

ヤフオク

できること売上管理出品、在庫、返品管理購入者からの質問への対応
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

ヤフオクでは出品者は出品したい商品を撮影し、アプリから商品登録を行います。

落札者は自分が出せる金額を入札するとその金額以上の入札がなければ、自動的に落札されるシステムです。

商品が落札されたら取引ナビを通して発送のやり取りをし、商品を発送します。

購入者の手元に商品が届いたら、購入者が取引ナビで手続きを進めて取引が完了となります。

取引が完了すると出品者側に代金が入金されるシステムです。

この一連の流れをスマホで完結できるようになっています。

ERESA(イーリサ)

できること画像検索出品一覧損益分岐点利益計算価格推移、出品者推移、ランキング日別販売推移外部検索
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方は対応なし

Amazonで販売をするせどりのためのツールがイーリサです。

イーリサでは13億以上の商品データを参照し、対象商品の価格やランキング、月ごとの売り上げなどが確認できます。

手動でリサーチをしている人も多いのでしょうが、確認できるECモールはAmazonだけでなく楽天市場やヤフーショッピングと幅広く使いやすそうなアプリです。

せどりでは商品の需要を知ることや相場の確認が利益を出すためには大事なポイントとなります。

マカド!

できること価格管理出品、在庫管理24時間自動巡回値下げ幅リミッター搭載価格改定ポートフォリオ機能
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方は対応なしAndroidの方は対応なしPCで登録はこちら

仕入から出品、価格改定と販売、販売後の集計までが簡単にできるのがマカド!です。

自動価格改定ボタン一つで価格改定ができるので、在庫管理の手間が大幅に省けます。

また、販売手数料・カテゴリー成約料・FBAの配送手数料も正確に自動で集計されるので、仕入額を入力しておくと粗利、利益率などが一目でわかるシステムです。

FBAへの出品にも対応していて、商品ラベルも印刷ができます。

FBA出品時も、自由な納品プランを作成できるため、段ボールに無駄なく梱包して発送できるため、経費削減にも役立つでしょう。

コピペ帳

できることワンタップでクリップボードにコピーメモにタイトル設定可共有可
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

メルカリなどで商品を出品するときに、商品説明以外に挨拶や注意事項などを入力することがあるでしょう。

毎回、同じ文章を入力するのは意外と面倒で手間がかかります。

コピペ帳のアプリを使うと、毎回入力する定型文などをそのまま貼って出品することが可能です。

メルカリで毎回入力する文章をコピーして、コピペ帳に貼り付けて保存しておきます。

次に出品登録をするときは、コピペ帳の文章を商品説明以外の部分に貼り付けて使うとワンタッチで商品登録が終了です。

【バーコード編】せどり・転売アプリおすすめ6選

商品のバーコードを読み取るアプリのおすすめの6つを紹介します。

  • Amacode(アマコード)
  • Ama-Jack(アマジャック)
  • せどりすと
  • せどろいど
  • プライスター
  • honto

店舗で仕入れ商品をリサーチするときに活用するアプリで、ほとんどが店舗の商品のバーコードを読み取るタイプです。

バーコードを読みとると、現在Amazonなどのモールでいくらで販売しているか、出品者数などを分析して表示するので、仕入の参考にすることができます。

Amacode(アマコード)

できること販売価格確認損益分岐点確認ブックオフ・TSUTAYAのインストアコードに対応有料のアップグレードでKeepaと連携
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

アマコードは商品の売れ行き状況を把握し、価格まで分析できるアプリです。

バーコードリーダーで商品のバーコードを読み取ると、検索した商品が今Amazonでいくらで売れているか損益分岐点までが一瞬でわかります。

カート価格、ライバルセラー、レビュー件数、ランキング情報も調べられ、条件フィルター、ランキング、粗利益の設定をしておくと、アラート機能を活用して利益が出るタイミングで商品を販売することが可能です。

アマコードは無料版と有料版があり、有料版は月4,980円。

必要かどうかまずは無料版を使ってみてから考えても良いでしょう。

Ama-Jack(アマジャック)

できることJAN読み込み仕入からAmazon出品まで可能アプリに対してのLINEサポート
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

アマジャックは商品をリサーチしてそのまま仕入までできるアプリです。

仕入が可能な店舗は、イオン、ドンキホーテ、コストコ、エディオン、ヤマダ電機などでバーコードを読み取り、Amazon販売の価格と比較します。

Amazonの価格と比較して仕入れるかどうかの判断が瞬時にできる便利なスマホアプリです。

さらにアマジャックのせどり公式LINEを登録するとAma-Jackマスターマニュアル、副業月収10万円を稼ぐせどり教材、利益が出る商品リスト30、今がアツい商品情報の配信が無料でプレゼントしてもらえます。

せどりすと

できること価格や粗利の自動計算バーコード読み取り仕入・出品リスト作成
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方は対応なし

せどりすとはiPhone専用アプリで、Amazonで商品を販売する際に販売価格の設定や粗利の確認を自動計算で行ってくれます。

仕入や出品の際に行う、商品のバーコード読み取り、仕入れ・出品リスト作成を助けてくれる便利なアプリが無料で使えます。

有料プランもありますが、最初は無料で十分ではないでしょうか。

有料のせどりすとは初期費用が5,000円で利用料金は月5,000円です。

初月は初期費用も安くありませんが、今以上に月利をあげたいと思う方はリサーチ時間の短縮のためにも会ってあげてはどうでしょうか。

せどろいど

できること商品検索バーコード読み取り粗利計算設定仕入・在庫管理
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方は対応なし
Androidの方はこちら

せどろいどは、せどりすとと同じ機能を持つせどりすとのアンドロイド版です。

せどろいどもせどりすとと同じくAmazonで商品を販売する際に販売価格の設定や粗利の確認を自動計算が行われます。

仕入や出品の際に行う、商品のバーコード読み取り、仕入れ・出品リスト作成もせどりストと同じようにサプリが助けてくれるでしょう。

プライスター

できること納品、出品、発送売上自動計算サンクスメールリピート販売ランキング
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

プライスターの魅力の一つに自動価格機能がついていることです。

Amazonでカートを獲得している価格に自動で合わせてくれるので、他の出品者が価格を変更したときに価格が自動であわてくれるので自分の商品も常にカート獲得価格で販売することができます。

プライスターの価格設定は6つの条件から設定することができるため、必要に応じてFBA状態合わせ、FBA最安値、最安値、カート、カステム、しないから選択すれば良いだけです。

商品登録や価格設定もAmazonのセラーセントラルよりも使いやすいと評価が高いアプリです。

honto

できること星の評価でレビュー作成登録日、タイトル、著者名で並べ替え書籍購入
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

hontoは、大日本印刷株式会社が運営する「リアル店舗型書籍サービス」です。

提携の店舗で受け取ることや、近くの店舗で受け取ることが可能なので本屋さんで探す手間が省けます。

電子書籍を購入することもできますが、せどりの場合はほとんど使うことはないでしょう。

大型書籍店と連動しているため、在庫確認も簡単でほしい本が確実に手に入るのではないでしょうか。

hontoでは定期的にクーポンが配布されるので、クーポンを使って本を購入し、それをAmazonで販売する方法もあります。

【商品リサーチ編】せどり・転売アプリおすすめ4選

せどり転売アプリの中で商品リサーチに活用できるアプリを4つ紹介します。

  • メルリサーチ
  • Keepa(キーパ)
  • NEW TYPE-DELTA TRACER(ニュータイプデルタトレーサー)
  • ワカルンダ

メルカリに特化したアプリやAmazonに特化したアプリ、各ECモールを越えてリサーチすることができるアプリがあります。

Keepaを登録しておくと通常の商品ページで商品の価格推移や、他の出品者、ランキングを表示してくれるので便利です。

出品した商品ごとにアカウント停止の危険性も避けられる機能がついているものもあります。

メルリサーチ

できること期間別・カテゴリ別の売れ筋商品ランキング販売価格相場確認売上個数確認
料金(税込)無料
アプリDLPCで会員登録はこちら

メルリサーチはメルカリでよく売れている商品をリサーチするアプリです。

完全無料で制限もなく使えるのも特徴的です。

以前は有料だったメルリサーチですが現在は無料なので安心して使えるでしょう。

メルリサーチを使うと売れ筋の出品商品をランキング、期間、カテゴリ、売上個数やデータで検索ができます。

さらに販売価格の相場データも取得できるので価格設定の参考にすることも可能です。

これだけの機能がいまのところ無料で使えるので今のうちにダウンロードしておくのをおすすめします。

Keepa(キーパ)

できること価格変動確認売れ筋ランキングレビュー数
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

Keepaは無料でも使えるのですが、より詳しい情報を調べたい方は有料で利用することをおすすめします。

Keepaでは価格推移のチェックや売上ランキング、価格トラッキング機能が充実しており、せどりをしている人の多くが利用しているアプリです。

カート獲得時の値段チェックが一目でできることも魅力の一つでしょう。

また、Amazonの商品ページを開くだけで価格推移やカート取得などの画面が自動的に開き、Keepa1つあればリサーチの手間がかなり楽になります。

パソコンでもスマホでも使いやすいのが人気の理由です。

パソコンで使用する場合はGoogleのchrome拡張機能を設定しましょう。

NEW TYPE-DELTA TRACER(ニュータイプデルタトレーサー)

できること出品者数AmazonランキングKeepaグラフ表示外部サイトへのワンクリックボタン他モールの価格比較
料金(税込)2,200円
アプリDLiOSの方は対応なし
Androidの方はこちら

デルタトレーサーでは過去の商品や出品数、ランキングの変動を確認することができるので、仕入れの時に役に立ちます。

売れない商品を仕入れる失敗を防ぐことができるので、デルタトレーサーはおすすめです。

デルタトレーサーの中でKeepaを表示してくれ、他モールとの比較も可能です。

また、利益計算ができる機能もついているので店舗で仕入れをしているときもさっとスマホを出して確認することも出来るでしょう。

デメリットは無料では使えないことです。

無料体験期間が設定されていて無料期間終了後に申し込むと2,200円で使用することができます。

ワカルンダ

できることリサーチ機能Amazon本体の有無ジャンルの自動取得サイズの自動取得消費税の自動計算利益、手数料の自動計算CSV出力
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

ワカルンダはAmacodeやアマサーチと同じようにリサーチに使うアプリですが、ワカルンダの特徴はAmazonに出品するときにアカウント停止になる可能性まで調べてくれるというところです。

ワカルンダは別アプリとの併用で無料で使うことができますが、セラースケットというツールを使う際に2,980円か5,480円の利用料金がかかることがデメリットかもしれません。

完全に無料ツールを使ってせどりをしたい人には向いていないアプリです。

有料とはいえ、Amazonのアカウント停止になってしまうとそれ以降出品ができなくなるため、リスク回避のために使うのも良いでしょう。

【マップ編】せどり・転売アプリおすすめ2選

せどり・転売におすすめのマップアプリを紹介します。

  • Googleマップ
  • ロケスマ

店舗を回って仕入れをするときに役立つアプリです。

無料で使えるのでぜひダウンロードしておいてくださいね!

Googleマップ

できること目的地検索ルート検索、ルート案内タイムラインの記録周辺のスポット検索
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

Googleマップを使って近隣の店舗の確認をすることができます。

店舗でせどりの仕入れをする際は効率的に周辺店舗を回りたいと思うでしょう。

マップに店舗名を入力するとルートや経路、かかる時間まで検索できるので店舗せどりをしている人にはかかせないアプリです。

Googleマップで駐車場検索などの近隣の施設やサービスの検索ができるので、地方へ行くときの必需品となります。

使用するのにお金ももちろんかかりません。

スマホにインストールしていて無駄のないアプリです。

ロケスマ

できること目的地検索常に最新情報の地図データ目的地(カフェ、レストラン、コンビニ、コインパーキングなど絞り込み)検索
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

ロケスマの機能はGoogleマップとほぼかわりませんが、Googleマップより使いやすいと評判です。

もちろん、Googleマップ同様無料で使うことができます。

特にロケスマ100という機能を使うと行きたい地域の周辺施設を100本のピンで指示してくれるのです。

遠征でせどりの仕入れを行う時や土地勘のない場所で仕入れをしようとするとき、旅行のついでに仕入れをしたいときなどに大活躍してくれます。

Googleマップだと古い情報がそのままということもありますが、ロケスマは独自の開発クローラーを使って周辺を検索するので常に最新情報を確認することができます。

【商品写真加工・デザイン編】せどり・転売アプリおすすめ4選

商品の写真加工に役立つおすすめアプリを紹介します。

  • PhotoRoom
  • Phonto

メルカリなどのフリマ販売する場合は商品写真が重要です。

写真一つで売れる売れないが左右されるのでアプリを使って良い写真を撮るようにしましょう。

PhotoRoom

できること背景リムーバーAIによる写真編集マジックレタッチ
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

メルカリなどのフリマサイトに出品する際に活躍するのがPhotRoomです。

対象の商品を撮影すると背景を透過してくれる機能がついていて初心者にも使いやすいアプリでしょう。

メルカリは商品撮影が重要なので、背景がごちゃっとしていたり家庭の雰囲気が見られるようなもの全て消して透過してくれるのでとても助かります。

わざわざ撮影用の背景を用意する手間が省け大量に出品するせどりにはぴったりのアプリです。

PhotRoomは必要に応じて課金しなければなりませんが、無料でも背景を削除することやレタッチツールの使用、テンプレートの使用が可能です。

Phonto

できること400種以上のフォント画像に文字を入れる縦書き対応
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

Phontoもメルカリなどのフリマサイトへの出品に使えるアプリです。

写真を撮影したあと、写真に文字入れができる便利な機能がついていて、選べるフォント400種類もあるのが魅力的でしょう。

画像をコラージュしたり、画像のフィルタリング機能もついていて初心者でも使いやすいと評判です。

フォントだけでなく、文字の色や大きさも選択でき縁取りや背景も細かく設定できるので写真が重要なフリマサイトへの出品には欠かせません。

しかも、ネット上に落ちているフリーフォントもインストールして使えて自由度の高さがうかがえます。

Canva

できることテンプレ入力各SNSの画像サイズに対応自動配色写真の加工・編集動画編集PDF・ドキュメントの編集
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

SNSでインフルエンサーも使っている有名なアプリがCanvaです。

テンプレートの中にはPro契約をしないと使えないものもありますが、無料でも十分なテンプレート量が備わっています。

メルカリなど、商品の写真が売上に影響するせどりでは写真加工も大切な仕事の1つでしょう。

あまり手間暇をかけたくないという人はCanvaを使うことをおすすめします。

PCでも作業ができますが、スマホだけで画像を加工することができるのでお手軽さからせどり初心者、写真加工初心者にも使いやすいアプリとなっています。

Layout

できることコラージュ写真作成Instagram・facebook共有写真加工
料金(税込)無料
アプリDLiOSの方はこちら
Androidの方はこちら

アプリでカメラロールから画像を選択して加工することができるアプリです。

一度に9枚まで選択ができて、レイアウトも自由にできます。

InstagramやFacebookへの共有がアプリからできるのも魅力的です。

販路にInstagramやFacebookも持っている方は共有方法が手軽で簡単なので使いやすいでしょう。

少し上級者向けのアプリかもしれないので試しに使ってみて作業に慣れるまで頑張ってください。

登録やインストールは全て無料なので安心して使えます。

せどり・転売でアプリを活用するメリット・デメリット

せどり・転売でアプリを活用するメリット・デメリットを開設します。

  • せどり・転売でアプリを活用するメリット
  • せどり・転売でアプリを活用するデメリット

せどりや転売の商品をリサーチするときに1つ1つを手作業で行うと莫大な時間を要します。

たとえ利益商品が見つかったとしても、在庫がなかったり完売していると仕入れることができません。

それから次の商品をリサーチするのは効率が悪すぎるでしょう。

作業の効率化を図るためにせどり・転売でアプリを使う人もいます。

せどり・転売でアプリを使う場合無料版では使える機能が少ないこともあるため、有料版を使用しないといけない場合もあるでしょう。

せどり・転売でアプリを活用するメリット

せどり・転売でアプリを活用するメリットは、リサーチや商品登録、価格改定がアプリで完結するという点です。

  • 商品リサーチができる
  • 自動で価格改定などの事務作業ができる
  • 顧客管理・売上管理ができる
  • 商品の仕入れ、登録、発送までが一括でできる

今回紹介したアプリの中では仕入れのための商品リサーチまでできるものがほとんどでした。

パソコンやスマホでECモール、メーカーの在庫を調べたり、利益商品を探すのは時間がいくらあっても足りないでしょう。

アプリを使うことでリサーチの時間短縮ができるのは助かります。

また、Amazonなどの最低価格を監視する機能がついているアプリもあり、自動で価格改定をすることもできます。

その間に他の商品をリサーチしたり仕入れることができるため、販売の拡大につながるでしょう。

せどり・転売でアプリを活用するデメリット

せどり・転売でアプリを活用するデメリットを解説します。

  • アプリの使用料金がかかることがある
  • 使いこなせない可能性がある
  • 店舗で使えない機能がある場合がある

アプリのダウンロードは基本的には無料ですが、アプリ内で課金や登録後に使いたい機能を追加するためには有料で会員登録をすることがあります。

利益がまだ出ていない段階では、アプリを使用するだけでマイナスになるため精神的に負担がかかるでしょう。

利益が出るまでは先行投資と割り切って使うと、リサーチ商品が見つかったり、販売、発送の手間が省けるなど良い面もあります。

また、最初はアプリの使い方に慣れず、思うように使えないかもしれません。

練習のつもりでいくつも商品をリサーチしたり、仕入れ、販売を重ねることがポイントです。

アプリのほとんどが店舗でバーコードを読み込んで価格推移を確認します。

店舗によってはバーコード部分を読み取れないようにシールを貼っているところもあるため、せっかくのアプリが使えないこともあります。

せどり・転売アプリの選ぶ際のポイント

せどり・転売アプリを選ぶ際のポイントを開設していきます。

  • 基本的には無料アプリを使っておけば十分
  • 仕入れと売上管理はアプリで最低限管理しておく
  • アプリの数を増やしすぎると逆に作業効率が落ちる

アプリは無料で使えるもので十分ですが、機能を追求するなら有料のものを使うのもおすすめです。

せどりや転売は出品する数が増えれば増えるほど管理が難しくなりますが、1つのアプリに集約しておくことで間違いやミスを減らすことができるでしょう。

出品数が多い方や、副業でせどりをしている方など忙しい方はせどり・転売アプリを活用して作業の効率化を図りましょう。

ただ、便利だと聞いてあれもこれもとアプリを追加するとかえって管理しにくくなり、作業効率が落ちます。

その点には注意しておきましょう。

基本的には無料アプリを使っておけば十分

せどり・転売アプリは無料のものがほとんどですが、基本的には無料アプリを使っていれば十分でしょう。

Amazon販路に絞る方はAmazon販売に特化しているアプリで十分です。

ECモールを幅広く利用するのなら各ショップごとに連携するアプリの中で、まずは無料のものを使ってみてください。

最初はアプリで在庫管理や顧客管理、仕入れのリサーチなど基本的なことができれば十分だと考えると良いでしょう。

さらに販売を拡大するなど事業の展開が見込めるときなどに有料プランにアップグレードするといいかもしれません。

まずは無料アプリを使ってアプリに慣れてから次のステップを考えるといいでしょう。

仕入れと売上管理はアプリで最低限管理しておく

エクセルやスプレッドシートを使って仕入や売上管理を行う人も多いのですが、おすすめはアプリで仕入れと売上管理を行うことです。

アプリから商品を購入して仕入れまでできるものであれば、入力忘れも防げます。

また、アプリに保存された情報を元にしながら現在ショップにどれくらいの在庫があり、どれくらいの期間で売れるのかが確認できます。

アプリで一括して把握しておくと、過去に良く売れた商品をリピート購入したり、将来売れるであろう商品をみつけ、次の仕入れのタイミングに行かすことができるでしょう。

アプリを確認するだけで仕入と売上管理ができればその後の作業がスムーズになり、無駄な時間を費やす必要がなくなります。

アプリの数を増やしすぎると逆に作業効率が落ちる

初心者の方が評判がいいと聞いてアプリを次々と増やすと逆に作業効率が落ちます。

使い慣れないアプリが増えるだけになるからです。

最初は1~2つに絞ってアプリを使い込んでいきましょう。

そこで使いにくいアプリなら別のアプリに移行していく方法がおすすめです。

せどり・転売はリサーチや仕入れ、発送までにすることが山のようにあるため、作業が増えればそれだけ手間と労力がかかります。

モチベーション低下にも繋がるので無駄にアプリを増やさないようにしましょう。

基本的には仕入れと売上管理ができれば十分だと考えて、アプリを選択してください。

【売上/在庫管理・仕入れ編】せどり・転売アプリおすすめ7選

せどり・転売アプリおすすめ まとめ

今回はせどり・転売アプリおすすめ24選!作業効率が爆上がりする無料ツールを紹介していきました。

  • 【売上/在庫管理・仕入れ編】せどり・転売アプリおすすめ7選
  • 【バーコード編】せどり・転売アプリおすすめ6選
  • 【商品リサーチ編】せどり・転売アプリおすすめ4選
  • 【マップ編】せどり・転売アプリおすすめ2選
  • 【商品写真加工・デザイン編】せどり・転売アプリおすすめ4選
  • せどり・転売でアプリを活用するメリット・デメリット
  • せどり・転売アプリの選ぶ際のポイント
  • せどり・転売アプリおすすめ まとめ

売上、在庫管理、仕入に特化したおすすめアプリはシンプルで使いやすいものが多くほとんどが無料で使えるものです。

店舗せどりを行う方の必需品であるバーコードが読み込めるアプリは、店舗でバーコードをいかにスムーズに読み込めるかがポイントとなります。

せどりや転売を嫌う店員さんの目をかいくぐってリサーチすることは大変な苦労です。

スピーディに使えるアプリを使うことをおすすめします。

せどり・転売では商品リサーチが一番重要です。

多くの方が頭を悩ませる商品リサーチに活用できるアプリは有料でも使いたいものでしょう。

今回、おすすめしたアプリの中では無料で使えるものもありますが、中には会員登録が必要で有料プランに加入した方が使いやすいアプリもありました。

自分が使いやすいアプリをみつけて今以上に販売拡大、事業拡大に挑戦していきましょう。

PMカレッジ_CTA
おすすめの記事