「Amazonのせどりで稼げるって聞いたけど本当?」

そうお考えではないでしょうか?

実際に始めようとすると難しいことも多いですし、稼げるようになるか不安ですよね。

この記事では、Amazonせどり初心者の方にもわかりやすく始め方や稼ぐコツを解説しています。

さらに、記事の後半ではAmazonせどりにおける注意点や、初心者の方が気になりやすいQ&Aも用意しました。

この記事を読んで、Amazonせどりで稼げるようになりましょう!

古着・アパレルせどりで「最高月利451万」を達成した私のノウハウを余すことなく伝授します!
PMカレッジ_CTA

目次

そもそもAmazonせどりとは?

Amazonせどりとは、安く仕入れた商品をAmazonで売り、その差額で利益を出すビジネスモデルを指します。

Amazonは世界トップクラスの集客力を持つ大手通販サイトです。

その集客力のおかげで多くの人に商品をみてもらいやすく、せどりを行う上では欠かせないサイトとなるでしょう。

また、利用者層も幅広く、プレミア商品やハイブランド商品であっても高い需要があります。

Amazonでは複数のツールが用意されており、何が売れて何が良くないのか判断しやすいです。

そのため、初心者でも行いやすいのがAmazonせどりになります。

Amazonせどりは月収どのくらい稼げる?

Amazonせどりでは月収数百万円を稼ぐ人間も存在します。

ですが、実際には稼ぐための資金と時間が必要です。

そのため、副業で月収数百万円稼ぐのは不可能に近いでしょう。

とはいえ副業でも月数千円〜数万円であれば稼ぐ人は大勢います。

4千円のものを6千円で売ることを5回繰り返せば1万円になるため、副業でも十分達成可能です。

また、最初はリサーチや梱包などに時間が取られてしまい、ほとんど稼げないかもしれません。

しかしやっていくうちに効率が上がっていき、徐々に月収は上がっていくでしょう。

一般的には数千円〜数万円を稼ぐせどらーが多い

Amazonせどりで月収数千円〜数万円稼いでいる人はたくさんいます。

とにかく利用者数が多いため、商品が売りやすいです。

数千円〜数万円であれば商品を数個売るだけで達成できるため、時間がない副業の方でも達成しやすくなります。

数個であれば、普段の買い物の時に金額を意識しているだけで仕入れるものが見つかるでしょう。

また、何十万円と稼がなければならない人と比べ、仕入れ値と売値の差が大きくて確実に売れるものだけに手を出せるため、リスクも小さくなります。

数千円〜数万円を手早く稼ぎやすいのがAmazonせどりです。

中には一ヶ月で数百万円を稼ぐせどらーもいる

Amazonせどりで数百万円を稼ぐ人がいてもおかしくはありません。

Amazonの取引量は膨大なため、数百万円分の取引を行うことも不可能ではないでしょう。

そのためには膨大な取引を行うだけの時間が必要です。

細かい作業は外注に任せる必要も出てくるかもしれません。

とはいえ、AmazonにはFBAという発送代行システムがあり、24時間365日梱包や発送を代行してもらえます。

また、在庫管理や受注管理などもAmazonが行ってくれるため、Amazonせどりはせどりの中でも数百万円を稼ぎやすい選択肢です。

Amazonせどりを始めるための初期費用

Amazonせどりを始める際には初期費用がかかります。

  • 商品を仕入れる費用
  • Amazonに出品する費用
  • 商品が売れた時にAmazon側に支払う販売手数料

上記3種類の初期費用について詳しく解説していきます。

商品を仕入れる費用

Amazonせどりを始めるためには、商品を仕入れるための費用が必ず必要です。

自分が稼ぎたい金額に対していくらの仕入れ費用が必要か計算してみましょう。

計算式は仕入れ費用=収益÷利益率です。

せどりでの利益率は10%〜30%とされています。

初心者であれば最低値の10%として計算してください。

計算すると、20万円稼ぎたい場合は200万円必要になります。

非常に高額ですが、すべて用意する必要はありません。

せどりでは仕入れて売ってを繰り返すため、10万円を20回に分けても20万円を稼げます。

Amazonに出品する費用

Amazonに出品する際には、2種類選択制の手数料がかかります。

プラン手数料
大口出品プラン月額4,900円
小口出品プラン100円(1商品ごと)

小口出品プランの方が手数料を抑えられますが、49品を境に手数料が同等以上になることに注意しましょう。

また、料金以外のスペックは大口出品が上位互換となっており、小口出品プランでできて大口出品プランでできないことはありません。

加えて、小口出品の場合は追加カテゴリーの制限が解除できないため、出品ジャンルに気をつけてください。

お試し感覚で始めたい方は「小口出品」、ガッツリ取り組みたい方は「大口出品」を選ぶべし

どちらを選択するべきか比較してみましょう。

メリットデメリット
大口出品・在庫ファイルや各種レポートが使える
・ショッピングカートが使える
・新規出品可能
・配送料変更可能
・決済方法が多い
・月額固定費がかかる
小口出品・49品までは費用が安い・在庫ファイルや各種レポートが使えない
・ショッピングカートが使えない
・カテゴリ制限がある
・新規出品不可
・配送料固定
・決済方法が少ない

小口出品では、基本的にほとんどのツールが使えません。

お試しで費用を抑えたい人は小口出品を、それ以外の人は大口出品を選択しましょう。

商品が売れた時にAmazon側に支払う販売手数料

Amazonでは商品が売れるたびに販売手数料を支払わなければなりません。

販売手数料は、概ね販売価格の8%〜15%ほどになります。

カテゴリー販売手数料最低販売手数料
本/ミュージック/DVD/ビデオ15%なし
テレビ・レコーダー/携帯電話・スマートフォン/カメラ/パソコン・周辺機器/電子辞書/大型家電8%30円
家電アクセサリ/楽器・オーディオ/健康家電・理美容家電/スポーツ&アウトドア/カー&バイク用品/おもちゃ&ホビー/TVゲーム機本体/生活・キッチン家電/浄水機・整水器10%30円
Amazonデバイス用アクセサリ45%30円
ドラッグストア/ビューティ/業務用医療用品/ベビー&マタニティ8%(1商品あたりの売り上げ合計が1,500円以下の場合)10%(1商品あたりの売り上げ合計が1,500円を超える場合)30円
TVゲーム/PCソフト15%なし
文房具・オフィス用品/ホーム&キッチン/DIY・工具/産業・研究開発用品/腕時計/その他のカテゴリー15%30円
食品&飲料8%(1商品あたりの売り上げ合計が1,500円以下の場合)10%(1商品あたりの売り上げ合計が1,500円を超える場合)なし
ビール6.5%なし
ジュエリー10%(1商品あたりの売り上げ合計が10,000円以下の場合)6%(1商品あたりの売り上げ合計が10,000円を超える場合)30円
服&ファッション小物12%(1商品あたりの売り上げ合計が3,000円以下の場合)8%(1商品あたりの売り上げ合計が3,000円を超える場合)30円
シューズ&バッグ12%(1商品あたりの売り上げ合計が7,500円以下の場合)6%(1商品あたりの売り上げ合計が7,500円を超える場合)30円

参考資料:アマゾン(カテゴリーごとの販売手数料)

通常の販売手数料の他に、特定のカテゴリーの商品はカテゴリー成約料が必要です。

カテゴリー成約料(日本)
80円
ミュージック140円
DVD140円
ビデオ(VHS)140円

参考資料:アマゾン(変動するカテゴリー成約料)

大量出品手数料もありますが、出品数が200万点を超えた場合なため、せどりの場合は必要ありません。

Amazonせどりの始め方・流れ

Amazonせどりの流れは以下の5つのステップになります。

  1. 必要なものを用意する
  2. Amazonで出品者アカウントを作成する
  3. 古物商を取得する
  4. 商品を仕入れる
  5. Amazonで販売する

各々のステップで重要な点があるため、気をつけて進みましょう。

ステップ1:必要なものを用意する

Amazonせどりを始めるためのステップ1は、「必要なものを用意する」です。

必要なものを下記などになります。

  • パソコンやスマートフォン
  • 出品者アカウント
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 段ボールや緩衝材などの梱包資材
  • 古物商許可

クレジットカードはデビットカードでも始められますが、初期の少ない資金を補うためには必要になります。

銀行口座は既存のものでも問題はありませんが、取引が増えてくると売上やコストがわからなくなりがちです。

そのため、スマホ1つでも入出金や管理がしやすい、「楽天銀行」のようなネット銀行口座を用意すると良いでしょう。

ステップ2:Amazonで出品者アカウントを作成する

Amazonせどりを始めるためのステップ2は、「出品者アカウントを作成する」です。

Amazonでは、通常使っているアカウントだけでは出品を行えず、別で出品アカウントを作成しなければなりません。

作成する時には下記が要求されます。

  • 銀行口座番号
  • クレジットカード(デビットカード)
  • 身分証(運転免許証やパスポートなど)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 180日以内に発行された取引明細書

必要事項入力後は審査が必要になり、審査は3営業日(目安)かかります。

また、この時に小口出品プランか大口出品プランか選ばなければならないため、事前に決めておきましょう。

ステップ3:古物商を取得する

Amazonせどりを始めるためのステップ3は、「古物商を取得する」です。

古物商は一部必要でない場合もありますが、Amazonせどりの場合はほとんどのケースで必要になるため、取得は必須と考えてください。

もし取得せずにAmazonせどりをしてしまうと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくはその両方が科せられます。

また、古物商許可は営業所のある警察で申請でき、誰でも取得可能です。

  • 申請費用は手数料19,000円
  • 審査は40日程度

行政書士に依頼することもできますが、申請費用に5万円前後の手数料が上乗せされます。

ステップ4:商品を仕入れる

Amazonせどりを始めるためのステップ4は、「商品を仕入れる」です。

Amazonせどりで商品を仕入れる場合は、大きく分けて2種類のパターンがあります。

  • 店舗仕入れ
  • 電脳仕入れ

おすすめなのは電脳仕入れです。

店舗仕入れだとリサーチできる商品の数が少なくなります。

売れる商品があるかもわかりませんし、売っていなければ無駄足です。

また、仮に掘り出し物を見つけても、売られている商品数が少ないため再現性がありません。

そのため、どこにいても24時間リサーチでき、同時に何個も商品をチェックできる電脳仕入れを積極的に行っていきましょう。

ステップ5:Amazonで販売する

Amazonせどりを始めるためのステップ5は、「Amazonで販売する」です。

Amazonで販売する場合は2種類の方法があります。

  • 新規出品
  • 相乗り出品

新規出品は、まだ商品登録されていない商品のページを新しく作ることです。

相乗り出品は、すでに商品登録されている商品ページに自分のアカウントから販売することになります。

初心者の方は最初は簡単な相乗り出品を使用してみてください。

すでに売れている商品ページに相乗りできるため売り上げが作りやすくなります。

ただし、Amazonでは1つの商品に商品詳細ページは1つというルールがあることに注意しましょう。

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツ

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツは下記の2つです。

  • Amazonで売れやすい商品を狙う
  • カートを獲得するために全力を尽くす

2つとも重要なコツになるため、必ず頭に入れておきましょう。

Amazonで売れやすい商品を狙う

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツ1つ目は、「Amazonで売れやすい商品を狙う」です。

高く売れることも大事ですが、初心者の方は特に売れやすい商品を狙うことが大切になります。

また、資金が少ない初心者の場合は時間をかけてでも高く売れる商品を選んでしまうと、売上が入金されるまで身動きが取れません。

Amazonせどりで売れやすい商品は下記になります。

  • ゲーム類
  • おもちゃ
  • DVD
  • 家電類
  • アパレル

特にアマゾンでは売れ筋ランキングが用意されています。

ランキングを見れば売ろうと考えた商品が何位かわかるため、全く売れない商品に手を出してしまうリスクは減るでしょう。

サブカテゴリーではなくメインカテゴリーのランキングを参考にしよう!

Amazonでランキングを参考にする際には、メインカテゴリーを参考にしてください。

メインカテゴリーとは、売れ筋ランキングをみた時に全てのカテゴリの次に表示されるジャンルランキングまでのことです。

また、細分化されたサブカテゴリーで高順位でもメインカテゴリーで低順位の可能性があり、その場合は売れやすい商品とは言えません。

参考にする順位はジャンルによって様々ですが、初心者の方は最大でも1万位〜2万位を目安にしてください。

よりシビアにしても良いですが、5万位より下回る商品は止めておきましょう。

初心者は低単価で高回転する商品に特化して販売実績を増やそう!

初心者はできるだけ高回転する商品に特化しましょう。

高回転する商品は売れ行きが安定し、せどりにおけるリスクが軽減されます。

資金力を最大限使って利益率の高い商品を選んでも、それが月に1個しか売れないようでは売上は上がりません。

また、Amazonせどりでは特に販売実績が必要になります。

それは後述するカート獲得率に販売実績が深く関わってくるからです。

低リスクで売上が安定する商品を選びながらAmazonせどりに慣れていき、販売実績を伸ばしていきましょう。

カートを獲得するために全力を尽くす

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツ2つ目は、「カート獲得を獲得するために全力を尽くす」です。

カートを獲得するとは、「カートに入れる」ボタンの下にある出品者名を勝ち取ることを指します。

Amazon Seller Centralによると、カートを獲得するための条件は以下の通りです。

  • 大口出品者
  • パフォーマンス指標が優れている
  • 一定の注文数
  • 他と比較して競争力のある価格設定

カートを獲得すると、消費者が「カートに入れる」ボタンを押した時点で、複数の出品者から自動的にカート獲得者が選ばれます。

そのため、カートを獲得するだけで回転率は劇的に上がるでしょう。

カートは大口出品者でないと獲得できない

カートは大口出品者でないと獲得できず、これはAmazonが公式で発表している規定になります。

大口出品のカート獲得以外のメリットは下記です。

  • 決済方法の豊富さ
  • 分析のためのツール
  • 50品以上ならむしろ安くなる

カート獲得だけがメリットだったとしても大口出品は優秀なため、もし本格的にAmazonせどりを行う場合は、必ず大口出品を選択しましょう。

特にAmazonせどりは大量出品向きであり、カートを獲得するだけで売上個数を捌けるため、小口出品のメリットである49品以下なら安いという理由は機能しにくくなります。

ユーザーファーストなアカウント運用ができているとカートを獲得しやすくなる

カートを獲得するためにはパフォーマンス指標が優れていなければなりません。

具体的には、下記に該当する数値が優れていることを指します。

  • キャンセル率
  • 出荷遅延率
  • 注文不良率

これらの指標は出品者の努力次第で改善できる要素です。

また、パフォーマンス指標が正しく機能するために一定の注文数を求められます。

一定の注文数はカテゴリーによって違いますが、具体的な注文数は公表されていません。

そのため、継続的にユーザーファーストなアカウント運営を行い、アカウント実績を積み上げていくことを心掛けましょう。

出品価格は、カートを獲得している商品と同じ価格かやや安い価格に設定する

カートを獲得するためには、他の出品者と比較して競争力のある価格帯に設定しなければなりません。

初心者の方はカート獲得者と同額か、やや安い価格に設定してみてください。

利益が出る金額の上で安すぎる価格を設定することは問題ありません。

価格を下げると初心者の方でもカートを取れる可能性は高いです。

ただし、価格を下げすぎてしまい値下げ合戦になってしまうと利益率は下がります。

とはいえカートを取れさえすれば売りやすくなるのは間違いないため、初心者のうちは実績を積み重ねるために利益率を下げてでも売っていくのも悪い選択肢ではないでしょう。

Amazon内の検索画面で順位を上げる

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツ3つ目は、「Amazo内の検索画面で順位を上げる」です。

Amazon内の検索順位を上げるだけで下記のような様々な売上効果を得られます。

  • 商品ページを見る人が増える
  • 商品とブランドの認知度が向上する
  • 購入者が増えやすい

ただし、順位を意識した下記のような商品ページを作らなければ上位を取るのは難しいでしょう。

  • スマホ最適化
  • 関連性の高い商品に使われるキーワードを入れる
  • 人気の高い商品
  • レビュー数が多くて評価も高い
  • 在庫切れがない
  • FBAを使う

とはいえ、これらは新規出品を行うことが前提であり、初心者の方は上位の商品に相乗りしてください。

利益が出てきたら外注化して効率を上げていく

Amazonせどりで初心者が稼ぐためのコツ3つ目は、「利益が出てきたら外注化して効率を上げていく」です。

せどりはリサーチ・梱包・発送作業に多くの時間がかかります。

AmazonせどりではFBA制度があるため、顧客への梱包・発送・受注管理などの負担が減りますが、それでもやることは山積みです。

下記はマニュアル化しやすく、外注化することによる費用対効果が高い2つになります。

  • リサーチ
  • 梱包・納品

また、梱包・納品に関してはFBA納品の専門業者がいるため、1番最初に手を出しやすい選択肢です。

その後にリサーチをマニュアル化し、外注化して効率を上げていきましょう。

Amazonせどりで活用必須サービス「FBA」とは

Amazonで使えるFBA(Fulfillment By Amazon)について紹介します。

  • 商品の保管・配送・返品対応の代行サービス
  • 個人であっても商品が売れやすくなる
  • FBAの利用にかかる手数料

メリットが大きい制度なため、積極的に利用していきましょう。

商品の保管・配送・返品対応までAmazonが全て代行してくれるサービスのこと

AmazonのFBAという制度では、せどりの業務の多くを代行してくれます。

具体的には下記が対象です。

  • 受注管理
  • 保管
  • 配送
  • カスタマーサービス
  • 返品処理

FBAを使うと出品後に自身で行う業務はほとんどありません。

自分が休んでいても24時間365日稼働してくれるため、非常に効率が良くなります。

忙しくなった専業の方はもちろんですが、日中に手が離せない副業の方にもおすすめの選択肢です。

また、自宅や事務所で在庫を抱える必要がなくなることも大きなメリットになります。

個人でであっても商品が売れやすくなる

FBAを使うと商品が売れやすくなります。

これは下記のメリットによるためです。

  • カート獲得率が上がる
  • 顧客の決済方法が増える
  • 顧客が配送料無料を使える
  • 商品がAmazonプライム対象になる
  • ギフト対応をしてくれる
  • 24時間365日対応のおかげで評価が上がりやすい

顧客目線では配送料が無料ではない、使いたい決済方法が使えないという事案は購買意欲が削がれる結果につながります。

特にカート獲得率が上がることは売上に直結する大きなメリットで、これだけでもFBAを利用する価値はあるでしょう。

FBAの利用にかかる手数料

FBAの手数料は下記2つです。

  • 在庫保管手数料
  • 配送代行手数料

在庫保管手数料は月額基準金額に商品サイズ(㎤)/10cm×10cm×10cmと保管日数/当月の日数を掛けた金額になります。

月額基準金額は下記です。

1月〜9月10月〜12月
小型・標準サイズ
(服&ファッション小物、
シューズ&バッグカテゴリー商品を除く)
5,160円9,170円
大型・特大型サイズ
(服&ファッション小物、
シューズ&バッグカテゴリー商品を除く)
4,370円7,760円
小型・標準サイズ大型・特大サイズ
(服&ファッション小物、
シューズ&バッグカテゴリー商品)
3.10円5.50円

例を上げると、Iphoneケースは月に1円程度です。

主な配送代行手数料は下記になります。

料金
小型・標準サイズ288円〜603円
大型サイズ589円〜1,756円
特大サイズ2,755円〜5,625円

上記の在庫保管料と配送代行料を足した金額がFBA手数料です。

Amazonせどりのおすすめ仕入れ先

Amazonせどりでのおおまかな仕入れ方法は2種類です。

  • 電脳仕入れ
  • 店舗仕入れ

それぞれの方法での仕入れ先を紹介します。

電脳仕入れでのおすすめ仕入れ先

電脳仕入れでのおすすめな仕入れ先は下記です。

  • ZOZOTOWN
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • 楽天市場
  • ebay

電脳せどりの場合はECサイトやフリマアプリを活用しましょう。

店舗せどりと違い、24時間365日場所を問わずリサーチできるところが魅力です。

1箇所に縛られず同時に多くのサイトをリサーチしてください。

フリマアプリは個人が販売していることが多く、価値が高いものを安く仕入れられます。

また、海外輸入では希少なものや日本にはない価格で仕入れ、ライバルと差別化を行いましょう。

店舗仕入れのおすすめ仕入れ先

店舗仕入れでのおすすめな仕入れ先は下記です。

  • ドン・キホーテ
  • コストコ
  • リサイクルショップ
  • ヤマダ電機などの大型家電量販店

ディスカウントストアやリサイクルショップでは、掘り出し物が見つかる可能性があります。

在庫処分セールや広告品が安く設定されているため、それらを活用すると良いでしょう。

また、大型家電量販店ではポイントカードが用意されていることが多く、ポイントを活用すれば実質の仕入れ価格を下げられます。

Amazonせどりの利益を最大化する無料神ツール8選

Amazonせどりで利益を最大化するために使った方が良い無料の神ツールを8つ紹介します。

  • FBA料金シミュレーター
  • Keepa
  • DELTA tracer
  • セラースケット
  • Amazonセラーセントラル
  • プライスター
  • マカド!
  • WatchBell

いずれもAmazonせどりの効率を底上げできる優れもののため試してみてください。

FBA料金シミュレーター

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール1つ目は、「FBA料金シミュレーター」です。

FBA料金シミュレーターとは、Amazonで販売の際に必要になる様々な手数料を計算してくれるツールになります。

Amazonでは「FBA手数料」や「カテゴリー成約料」などの手数料の区分けが多いです。

また、サイズや重量によって金額が変わるため、必要な費用が感覚的にわかりません。

しかし、FBA料金シミュレーターを使えば正確な費用がわかるだけでなく、商品あたりの純利益や純利益率が簡単に計算できます。

また、FBAという名前が付いていますが、自分で発送する時のシミュレーションも可能です。

Keepa

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール2つ目は、「Keepa」です。

Keepaは、Amazonで販売されている商品価格の変動を自動で追跡してくれるツールになります。

Keepaを使わずにAmazonページを開くと、現在の商品価格しか表示されません。

しかしKeepaを使うことで、過去の価格を含めての価格変動がグラフで表示されるため、仕入れ価格と販売価格の判断がしやすくなります。

Keepaはブラウザ版と拡張機能版があり、様々なデバイスで利用可能ですが、拡張機能版の場合はパソコンのChromeブラウザでしか使えないため注意してください。

DELTA tracer

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール3つ目は、「DELTA tracer」です。

DELTA tracerとは、Amazonで商品が今までに売れた頻度や価格のデータを見れるツールになります。

このDELTA tracerを使えば過去の目安が見れるため、せどりを行う上で下記の指標を立てられるでしょう。

  • いくらで仕入れていくらで売るべきか
  • 商品がどのくらいの頻度で売れるか

KeepaとDELTA tracerの機能はほとんど同じですが、表示の仕方がKeepaは折れ線グラフでDELTA tracerは数字です。

また、DELTA tracerは元々無料でしたが、現在は月額2,200円の有料版のみになります。

セラースケット

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール4つ目は、「セラースケット」です。

セラースケットはAmazonアカウント停止を防ぐための、下記のような用途で使える復活・予防サービスになります。

  • 商品ごとのアカウント停止危険度チェック
  • Amazonの真贋調査やメーカーの取り締まり速報を通知
  • アカウントを復活させるための改善文やヒアリングサポート
  • 納品プランの作成
  • 24時間365日自動で価格改定
  • リサーチツール

他にも数多くの便利な機能やサービスが用意されており、価格は月額2,480円(スタンダードコース)です。

また、自動価格改定はオプションでプラス500円になります。

20日間無料体験できるため、気になった方は使ってみましょう。

Amazonセラーセントラル

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール5つ目は、「Amazonセラーセントラル」です。

Amazonセラーセントラルとは、Amazonで利用できる管理画面のことを指します。

販売に関しての情報が一括管理され、具体的には下記が可能です。

  • 在庫管理
  • 注文管理
  • FBA管理
  • アカウント健全性確認
  • 出品者向けサポート問い合わせ
  • 購入者とのやりとり
  • 新規商品追加

この他にもAmazonせどりにおけるあらゆる管理が行えます。

また、出品アカウントを作成すれば無料で誰でも利用でき、特別しなければならないことはありません。

アプリ版もあるため、どこにいても情報を管理できます。

プライスター

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール6つ目は、「プライスター」です。

プライスターはリサーチや出品を下記のような形でサポートするツールになります。

  • スマホのカメラで商品のバーコードを読み取るだけでリサーチできる
  • リサーチした商品の最安値の販売価格や販売速度が表示される
  • リサーチした商品をアプリでそのまま出品できる
  • 発送サービスやFBA納品サービス
  • 価格の自動改定

上記以外も様々な機能があるサポートツールになります。

また、WEB版もアプリ版もあるためデバイスは問いません。

月額5,280円で利用可能かつ1ヶ月の無料トライアル期間が付いているため、気になった方は試してみてください。

マカド!

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール7つ目は、「マカド!」です。

マカド!は価格改定などを下記のような形でサポートするツールになります。

  • スマホカメラで商品バーコードを読み取るだけでリサーチできる
  • ワンクリック出品機能
  • 自動価格改定
  • 出品の簡略化
  • 損益自動計算
  • LINE通知

上記以外も様々な機能があるサポートツールになります。

マカド!はシンプルで使いやすい機能美にこだわっており、初心者の方に優しい支援ツールです。

また、機能自体はプライスターと似ており、初心者の方であればどちらを使っても問題ないでしょう。

月額料金は4,980円で、30日間の無料体験プランがあります。

WatchBell

Amazonせどりで使った方が良い無料の神ツール8つ目は、「WatchBell」です。

WatchBellはAmazonせどりでのみ使用でき、下記のような様々なグラフで手動の価格改定をサポートしてくれるツールになります。

  • 売上・トラフィック分析グラフ
  • 最安値グラフ
  • ブランド分析
  • 商品の状態チャート
  • 販売見込み価格チャート
  • 損益分技点チャート
  • 手動価格改定の簡略化

他のツールでは自動的に価格改定を行ってくれるタイプが多いですが、WatchBellでは様々なグラフを用いて、手動で最適な値段を設定する時に役立つでしょう。

月額料金は3,980円で、30日間の無料体験プランがあります。

Amazonせどりを始める際の注意点

Amazonせどりを始める際の注意点を4つ紹介します。

  • なかなか売れない場合はコンサルを依頼する
  • 商品が売れても売上がすぐ入金されるわけではない
  • Amazonに出品できない商品もある
  • Amazonせどりの売り上げは確定申告する必要がある

上記4つを疎かにしていると大きな問題が発生する可能性があるため注意しましょう。

なかなか売れない場合はコンサルを依頼する

Amazonせどりを始める際の注意点1つ目は、「売れない場合はコンサルを依頼する」です。

Amazonせどりは独学で挑戦する人も多く、上手くいかなくてもコンサルへの投資代金をもったいないと考える人が多い傾向にあります。

実際、100万円以上もするコンサルもあり、初心者では回収に時間がかかるのは想像に難くありません。

しかし10万円や20万円程度のコンサルであれば、早い人であれば1ヶ月〜半年以内で回収できるため、高い金額とは言えないでしょう。

また、その後も継続して高い利益を生み出せる技術が身につくため、一生物と考えればおすすめできる選択肢です。

PMカレッジ_CTA

商品が売れても売上がすぐ入金されるわけではない

Amazonせどりを始める際の注意点2つ目は、「商品が売れても売上はすぐ入金されない」です。

売れた安心感から資金管理もせず仕入れを行ってしまうと、次に仕入れたい商品が生まれても資金が無くなって身動きが取れなくなる可能性に注意してください。

Amazonせどりの大口出品者は入金サイクルが2週間ごとで、大口出品に登録した日を基準にしてサイクルが組まれます。

また、Amazonの入金処理が完了してから口座に着金するまでに3〜5営業日必要です。

小口出品者の場合は事前に振込申請を行う必要があるため気をつけましょう。

Amazonに出品できない商品もある

Amazonせどりを始める際の注意点3つ目は、「Amazonには出品できない商品もある」です。

厳しく規約が定められているため、下記の商品は特に注意しましょう。

  • 酒類
  • 医薬部外品および化粧品
  • 医薬品
  • 自動車
  • 通貨/硬貨/現金同等品

上記ジャンルの全ての商品が出品できないわけではありません。

出品できないジャンルはこれら以上に多いですが、Amazonではセラーセントラルにログインした後に商品登録画面で簡単に確認できます。

また、出品しようとした後に「出品許可を申請」と表示されたら制限商品であり、「利用できません」と表示されたら出品禁止商品です。

Amazonせどりの売上は確定申告する必要がある

Amazonせどりを始める際の注意点4つ目は、「Amazonせどりの売上は確定申告する必要がある」です。

下記に当てはまった場合は確定申告をしなければなりません。

  • 本業で所得が48万円を超える
  • 本業かつ青色申告で所得が48万円+特別控除分を超える
  • 副業で所得が20万円を超える

上記の場合でも、生活用動産として販売しただけでは確定申告は必要ありませんが、せどりとして行った場合は必要になります。

確定申告を行う期間は2月中旬〜3月中旬で、所轄の税務署に必要書類などを提出してください。

また、副業が禁止の会社でAmazonせどりを行いたい場合は、住民税を特別徴収から普通徴収に切り替えれば隠せます。

Amazonせどりに関するよくある質問

Amazonせどりに関するよくある質問に回答します。

  • Amazonせどりとメルカリせどりの違いは?どっちが稼げる?
  • Amazonせどりは儲からないって言われているけど実際どう?

Amazonせどりを行う上での参考にしてください。

Amazonせどりとメルカリせどりの違いは?どっちが稼げる?

結論、Amazonせどりもメルカリせどりもどちらも稼げます。

両者の違いを把握して、自分に合っている方を選んでください。

Amazonせどりメルカリせどり
サイト内検索画面での上位表示が難しいアプリ内検索画面での上位表示しやすい
FBAを使うと業務が減る最初から最後まで自分でする必要がある
お金を出せば倉庫が使える基本は自分で商品を管理する
カートを獲得すると売りやすいカート獲得率に左右されない
手数料が複雑で高い手数料が安くて把握しやすい

大量出品を好む人はAmazonを使い、少ない商品数で手軽にやりたい人はメルカリを選ぶと良いでしょう。

Amazonせどりは儲からないって言われているけど実際どう?

Amazonせどりが特別儲からないということはありません。

Amazonせどりで全く儲からない人は、たとえメルカリなど他のマーケットでせどりを行っても稼ぐことは難しいでしょう。

それはせどりにおける下記のような基本を疎かにしている可能性があります。

  • リサーチが適当
  • 利益率や回転率を無視して感覚で取引している
  • 市場の変化を無視して古い情報に掻き乱されている
  • そもそもせどりの勉強量が足りていない

上記を改善し、Amazonせどりのメリットを活かせるようになれば、徐々に稼げるようになるでしょう。

Amazonせどり まとめ

今回は初心者向けに詳しくAmazonせどりの始め方や稼ぐコツを解説しました。

Amazonせどりはライバルが多く、上手く稼げない人もいるでしょう。

しかし、この記事でAmazonせどりの有効性を把握し、改善していけば結果が好転するのは間違いありません。

  • 必要な費用
  • おすすめの仕入れ先
  • Amazonならではのメリット
  • おすすめのツール
  • 注意点

上記を理解し、的確にAmazonせどりを始めれば、稼げるようになる日は遠くないでしょう。

PMカレッジ_CTA
おすすめの記事