ブランド品を仕入れてメルカリやヤフオクで売ると利益になるのでは?と疑問に思うことってありますよね?

ブランド品を仕入れてフリマや買取屋に売ることをブランドせどりといいます。

ブランドせどりは、せどり初心者の方はもちろん、ブランド品に詳しくない方でもチャレンジできるジャンルです。

この記事ではブランドせどりについて詳しく解説するとともにブランドせどりを始めたい初心者に向けてを解説していきます。

これを読めばブランドせどりについて理解でき、今日からブランドせどりで安定した月利を稼ぐことができるでしょう!

古着・アパレルせどりで「最高月利451万」を達成した私のノウハウを余すことなく伝授します!
PMカレッジ_CTA

目次

ブランドせどりとは

ブランドせどりとは、リサイクルショップやヤフオク等でブランドものを仕入れてメルカリや買取屋に販売することです。

ブランドせどりをマスターすると少ないライバルの中で戦うことができるため、利益率が上がり月利も安定させることができるでしょう。

仕入れの価格が日用品や食品に比べると高くなるため、ある程度の資金がある方が安心してせどりができますが、ブランド物は回転率も比較的高いこともあり在庫を抱えすぎたり長期間の資金拘束に悩むこともあまりありません。

目利きの力が必要ですが、慣れると短時間で高利益率の商品を見つけられるようになりますよ!

ブランドせどりのメリット

ブランドせどりのメリットを解説していきます。

ブランド商品は定番のブランドが多く、新商品が出る頻度も高い商品です。

そのため、仕入れる商品にも困ることはないでしょう。

ここでは、

  • 商品の回転が早く、在庫を抱えるリスクが低い
  • 広い保管スペースを必要としない
  • 単価が高く、高利益を狙いやすい

について詳しく紹介していきます。

商品の回転が早く、在庫を抱えるリスクが低い

ブランド商品は人気のブランドがある程度固まっているため、買いたい!と思う方も多いようです。

さらに定価で買うと高いことも理由で、ブランドものを持ちたいけれど高くて買えないという方が綺麗目の中古品を探すことがあります。

また、新品で持ち歩くのはかえって恥ずかしいという方もあえて中古を購入することがあるでしょう。

広い保管スペースを必要としない

ブランドせどりのメリットは広い保管スペースを必要としないことです。

大きいものでもボストンバッグ程度の大きさということや、洋服や小物などの場合はバッグよりもずっと狭いスペースで保管することができます。

スーツケースのブランドものなどでない限りは保管スペースに悩むことも少ないでしょう。

単価が高く、高利益を狙いやすい

ブランドせどりのメリットは1商品の単価が高く利益率も高くなることです。

ブランドものは1点が数万単位で販売されているものが多く、ヤフオクやメルカリでも状態が良ければ数万円で販売することができます。

特にリサイクルショップでは店員が商品価値を理解しておらず安く仕入れられることもあるでしょう。

リサイクルショップではそのような掘り出し物を見つけることが利益率を上げるコツです。

さらに、商品状態が悪いものを補修やクリーニングで綺麗にすることで値段設定を高くしても売れることがあります。

少し手をかけるだけで利益率を上げることができるブランドせどりは魅力的なせどりです。

ブランドせどりのデメリット

ブランドせどりのデメリットを紹介します。

ブランドものに詳しくない人がブランドせどりを始めると、どのブランドが人気のものかわからず仕入れに苦労することもあるでしょう。

今回は以下について解説していきます。

  • 販売ページに記載しなければならない項目がたくさんある
  • もし販売できなかった場合に赤字幅が大きくなる可能性がある

また、価格設定の相場がわからないと出品時の価格設定にも悩みます。

販売ページに記載しなければならない項目がたくさんある

ブランドせどりのデメリットは販売する際に販売ページに記載しなければならない項目がたくさんあることです。

中古品の扱いになるため、破損や汚れなどの商品詳細を細かく記載することで販売後のクレームや返品を防ぐことができます。

のちのちのトラブル回避のためには、多少手間がかかっても販売ページで細かく商品状態を伝えるようにしましょう。

一度テンプレートを作っておくと他の商品にも使えることもあります。

商品ジャンルごとに作っておくと便利です。

もし販売できなかった場合に赤字幅が大きくなる可能性がある

ブランドせどりのデメリットはもし販売ができなかった場合に赤字幅が大きくなる可能性があります。

ブランドものの商品は状態の良いものだと中古で数万円ほどになるため、万が一販売できなかった場合は赤字幅も大きくなります。

在庫として処分するか再度リサイクルショップに持ち込んで現金化するなどの方法はありますが、仕入れたときよりも安く買い取られる可能性が高く、現金化できたとしても赤字になることが多いでしょう。

そのような失敗を繰り返すと赤字経営になってしまうため、リサーチ力や商品の目利き力を付けることが重要になります。

実際に電脳ブランドせどりで成功している人の事例|月収はどれくらい?

実際に電脳ブランドせどりで成功している人の事例を紹介します。

今回紹介するのは、

  • 電脳ブランドせどりで月利40万円を達成された50代主婦の方の体験談
  • 電脳ブランドせどりで1日1時間の作業で月利70万円を達成されたご夫婦の体験談
  • 電脳ブランドせどりで月利100万円を達成された方の体験談

ブランドせどりで稼ぐ人の月収がどれくらいなのか気になるところです。

今回は、3名の方の体験談を詳しく見ていきます。

電脳ブランドせどりで月利40万円を達成された50代主婦の方の体験談

電脳ブランドせどりで月利40万円を達成された50代主婦の方の体験談を紹介します。

電脳でブランドせどりができるメリットは自宅で寝転びながらリサーチができることや、好きなときに仕入れができるというところだと語られています。

電脳でブランドせどりを行い、月利が40万円になったときには自分の時間を確保することができ、資金面でも余裕がでてくることで今まで我慢してきたことを我慢しなくて済むという嬉しい成果も得られたようです。

子どもが小さくてもできる手法で、専業主婦の方でもちょっとだけ頑張ったらできる仕事だと体験を語っていました。

電脳ブランドせどりで1日1時間の作業で月利70万円を達成されたご夫婦の体験談

電脳ブランドせどりで1日1時間の作業で月利70万円を達成されたご夫婦の体験談を紹介します。

コンサルを受けたことで、実際に仕入れのときに迷うことがあってもコンサルティングに相談することで利益が出るかそうでないかの判断力をつけることができたそうです。

また、コンサルの中では画面を共有しながらこの商品はどうだろうか、この商品はどれくらいの利益が見込めるかと相談することができることも電脳せどりのメリットだと語っていました。

電脳せどりのコンサルは一緒に店舗に行かなくても詳しく解説してくれるため、そのおかげでできた時間をさらにリサーチにかけられるということも体験談の中で語っていました。

電脳ブランドせどりで月利100万円を達成された方の体験談

電脳ブランドせどりで月利100万円を達成された方の体験談を紹介します。

こちらの方は、コンサル後これまで取り組んでいたジャンルから商品ジャンルを変更したことで、少し月利を下げてしまいました。

メンタルが落ち込み、行き詰ったときにコンサルタントに相談するとすぐにZOOM相談をしてくれたことで、翌月、数か月、一年と月利をどんどん伸ばし、最終的に100万円の月利を達成します。

この方がコンサルを受けたきっかけはブランドものなどの小物に商材を変えていくタイミングで、1人では不安があったため、コンサルを探して受講するという経緯でした。

1人では行き詰ることもコンサルタントによる個別相談で、適格なアドバイスを貰った結果の月利アップということがわかります。

PMカレッジ_CTA

ブランドせどりで稼ぐためのコツ

ブランドせどりで稼ぐためのコツを解説していきます。

ブランドせどりでは、商品の目利き力をつけること、商品の相場を正確に知ることが重要なポイントです。

ここでは、

  • 相場を入念にリサーチする
  • 王道な人気ブランドを扱う
  • 季節に合わせた商品を扱う
  • 限定品を扱う
  • 芸能人が身につけている商品を扱う
  • 付属品も一緒に販売する

について詳しく解説していきます。

相場を入念にリサーチする

ブランドせどりで稼ぐためのコツは、扱う商品の相場を入念にリサーチすることです。

利益の出るような商品を見つけたとしても、販売時の相場を理解しておかなければ利益を上げることはできません。

メルカリやフリマなどのプラットフォームで同じ商品が現在どれくらいの価格で売られているのか、どれくらいのペースで売れているのかを正確にリサーチするようにしましょう。

また、実際に販売するプラットフォームですでに販売しているセラーをリサーチすることもおすすめです。

リアルタイムで売れているものが分かればリサーチの参考になるでしょう。

入念にリサーチしておかないと売れない商品を仕入れて在庫を抱えてしまい、キャッシュフローが悪くなります。

キャッシュアウトしないためにも、仕入れを行う際は入念にリサーチするようにしましょう。

王道な人気ブランドを扱う

ブランドせどりで稼ぐためのコツは王道な人気ブランドを扱うことです。

たとえば、ハイブランドの中でもとくに人気なものは以下のようなものです。

  • ルイヴィトン
  • エルメス
  • ディオール
  • シャネル
  • グッチ

このような王道のブランドはリサイクルショップでもよく売られているため、見つけることが難しくありません。

また、リサイクルショップの査定は厳しいものが多く買取金額をおさえて仕入れをしていることも多いため、販売時の価格もそこまで高額ではないでしょう。

王道ブランドから利益商品を見つけることからはじめてください。

レディースブランドは特に高く売れやすい

ブランドせどりではレディースブランドは特に高く売れやすいでしょう。

レディースのハイブランドで人気の商品は、

  • ディオール
  • シャネル
  • エルメス
  • ルイヴィトン
  • サンローラン

です。

バッグや小物、化粧品など商品の種類も多いため、リサーチしやすいジャンルです。

リサイクルショップなどの店舗だけではなく、電脳せどりでもリサーチ商品が見つかることがあるのでどちらも合わせてリサーチするようにしましょう。

上記のことを意識しながらリサーチしてみてください。

季節に合わせた商品を扱う

ブランドせどりで稼ぐためのコツは季節に合わせた商品を扱うということです。

ブランドせどりに限らず季節商品は回転率も高く、高利益率で売れる商品です。

夏の新作を電脳せどりでリサーチしてみると使用頻度が少なく美品を見つけることもできます。

春にはロングコートやスーツ、夏にはTシャツやサンダル、秋にはトレンチコートやスポーツウエア、冬にはダウンコートやマフラーなどの小物も仕入れるべき商品です。

季節に合わせた商品を販売するためには3か月前からリサーチを行い、仕入れをしておくようにしましょう。

限定品を扱う

ブランドせどりで稼ぐコツは、限定品を扱うことです。

ブランドの中でも期間限定や季節限定商品は希少価値が高く、中古であっても高く売れることがあります。

特に、数量限定商品は販売価格が多少高くても売れることがあります。

また、日本限定の限定品は海外でも人気です。

常日頃からハイブランドの新作や限定販売にはアンテナを貼っておくようにしましょう。

いち早く手に入れることができれば高利益率のうちに売り切ることも可能です。

新品はあらかじめリサーチをしておきいち早く手に入れ、いち早く売り切ることを意識しましょう。

時を逃すと売れなくなり、在庫を抱えることにもなります。

芸能人が身につけている商品を扱う

ブランドせどりで稼ぐコツは、芸能人が身につけている商品を扱うことです。

テレビやSNSで芸能人が身に着けていて目に留まるものは日頃からチェックしておくようにしましょう。

芸能人が使っているブランドの育児グッズもよく売れるもので、リサイクルショップなどで仕入れることができます。

どのブランドが人気で売れやすいかをチェックすることを怠らないようにしましょう。

また、芸能人の子どもが使っているものも人気になることがあります。

なんとなくテレビを見ているのではなく日頃の情報からお得商品を見つけられるようにしましょう。

付属品も一緒に販売する

ブランドせどりで稼ぐコツは、付属品も一緒に販売することです。

中古品であっても付属品がついていれば高く売れるでしょう。

電脳せどりでも店舗せどりでも商品に正式についているものが何かをチェックし、その付属品がかけていないかの検品は必ずしてください。

仮に、付属品が不足している場合は商品ページに詳細を記載し、クレームや返品を避けるようにしましょう。

また、不足している付属品だけをリサーチし買い足しても利益が大きければ付属品のみを仕入れることも視野に入れておいてください。

ブランドせどりが売れない・儲からない場合はコンサルを受けてみるのがおすすめ

ブランドせどりが売れない・儲からない場合はコンサルを受けてみるのがおすすめです。

ブランドせどりを独学でやることも決して不可能ではありませんが、これまでブランドに興味がないとか知識に自信がない方はコンサルを受けても良いでしょう。

コンサルを受けることで、仕入れの方法やリサーチ方法の見方がかわります。

また、不安な時に相談に乗ってもらえるのも心強いです。

さらに、コンサルの多くはコミュニティやサロンもあり、せどり仲間ができることも多いでしょう。

コンサル生同士の交流があれば仕入れやリサーチのモチベーションも上がります。

PMカレッジ_CTA

ブランドせどりで失敗しないための注意点

ブランドせどりで失敗しないための注意点を解説します。

ブランドせどりで一番怖いことは売れないことです。

自己消費するわけにもいかないブランド商品は、万が一売れない場合はそのまま不良在庫となるからです。

ここではブランドせどりで失敗しないための注意点について、

  • リペアは慎重に行うべし
  • 偽物を販売してしまうと違法となる
  • 古物商許可証を取得せずブランドせどりを行うと違法となる

上記について詳しく解説していきます。

リペアは慎重に行うべし

ブランドせどりの注意点はリペアを慎重に行うことです。

  • 汚れている商品に色を塗りなおすリカラー
  • 汚れを取り除いて販売

上記の2点を行うと仕入れた商品を高く販売することができます。

もちろんバッグや小物だけではなく、アパレルでもリペアは可能です。

染み抜きやちょっとした修復は法律にも違反することはないので安心してください。

極端に特徴や機能を変えてしまう修復は商標権にひっかかる可能性がありますが、ロゴを替えるなどを行わなければ問題ないでしょう。

偽物を販売してしまうと違法となる

ブランドせどりで注意したい点は偽物を販売しないことです。

Amazonでもメルカリなどのフリマでもコピー商品や偽造品の販売は禁止されています。

そのため偽物を販売することは絶対にしないようにしましょう。

しかし、偽物をわざわざ仕入れるわけではないということも理解できます。

仕入れの際には仕入れる商品が本物かどうかを見極めることが重要です。

そのため、ブランドものの真贋を見極める目利き力をつけていくことがブランドせどりで失敗しないポイントとなります。

リサイクルショップなどで仕入れる際は店舗で鑑定しているため、偽物が当たることはあまりないかもしれませんが、電脳せどりで仕入れるときは特に気を付けるようにしましょう。

古物商許可証を取得せずブランドせどりを行うと違法となる

電脳せどりで注意することは古物商許可証を取得せずブランドせどりを行わないことです。

中古品を販売するときには必ず古物商許可証が必要で、古物商許可証がない状態での販売は違法となります。

新品の販売でも古物商許可証を取得しておく方が安心です。

ブランドせどりは中古品がほとんどになるため、必然的に古物商許可証が必要となります。

ブランドせどりのような1商品が高額になる場合は、悪質だと判断されると逮捕される可能性もあるため、仕入れを行うまでに必ず古物商許可証を取得しておくようにしましょう。

古物商許可証は管轄の警察署に行けば申請することができます。

ブランドせどりに関するよくある質問

ブランドせどりを行う際に気になる注意点について解説していきます。

せどりをする方は多くてもブランドに取り組む方は周りに少ないかもしれません。

ここで紹介する注意点を心にとどめておくだけでもトラブル回避につながります。

  • 個人で仕入れるのは違法ではないですか?
  • 偽物を見分けるコツはありますか?

それでは1つずつ細かく確認していきましょう。

個人で仕入れるのは違法ではないですか?

ブランドせどりでは個人で仕入れるのは違法にはなりません。

偽物と分かっているものを本物だと偽って売ったり、古物商許可証がない状態で販売を行うと違法になる可能性が高いでしょう。

1人で仕入れをしていて陥りやすいのは、仕入れた商品の真贋がわからず不安がつのっていくということでしょう。

そのような不安も数をこなせば目利きの力がついてきて、利益商品を見ただけでわかるようになります。

1人で仕入れをしているからといって違法だということはないので、目利きの力をつけて一人でもしっかり仕入れていきましょう!

偽物を見分けるコツはありますか?

せどりで注意したい点は、偽物の商品を売ってしまわないことです。

ブランドせどりを行う時にはしっかり勉強を重ね、ブランド商品の常識や知識をしっかりつけるしかありません。

1人でこつこつと勉強することも大切ですが、成功している方の話を聞いたり、コンサルを受けることで仕入れの判断の相談ができる状況を作っておくことも大切です。

リサイクルショップなどの店舗で仕入れる場合は、買取の際に鑑定は行われいて本物であることがほとんどでしょう。

最初は店舗からせどりを始めることをおすすめします。

ブランドせどり まとめ

今回はブランドせどりについて解説していきました。

ブランドせどりは、ブランドものの商品を安く仕入れて高く売るというシンプルな手法です。

ブランドせどりを行う時に注意したいのは、仕入れる商品が人気の商品なのか、偽物ではないのかというところです。

偽物を販売してしまうと、最悪の場合逮捕される可能性もあるのでくれぐれも気を付けるようにしましょう。

ブランドせどりは1商品の単価も高く高利益率を出しやすい商品ジャンルです。

日々のリサーチ、販売でブランド物の知識をしっかりつけて月利を増やしていきましょう!

PMカレッジ_CTA
おすすめの記事